パニック障害自律神経失調うつ病克服実体験

寝ているときに鼻が詰まったときの解消対処方法です

投稿日:2017年2月8日 更新日:

前置き

茶碗蒸しを以前食べた写真が出てきましたのでアップり鱒

おはようスパンク(*’ω’*)

パニック障害と自律神経失調症とうつ病が全盛期のときによく寝ているときに鼻が詰まって寝づらくなかなか寝付けなくなんか対策はないかなと自分で編み出した方法ですが笑っ

あっ

両方が一気につまらなく僕の場合はどっちかがつまっている感じです

僕にしか鼻づまりは治らないかもしれませんが

一応、0.8ミクロンはお役に立てばと記述しておきます

効果

右の鼻が詰まって左の鼻がスースーする場合は交換神経が優位で神経が興奮していると

逆に左の鼻が詰まっていて右の鼻がスースーするときは副交感神経が優位で落ち着いていると

あっ

逆だったらすいません(笑

まさか鼻のつまりにも自立神経が関係してるなんて初めてしりました

心の病気になるまでは本当自分の体を酷使しすぎていたなと

この病気になってよかったと今では思っています

全盛期のときはなんで僕がと思っていましたが今では良い経験で笑ってネタにできます(笑

一回り強くなれ人間にやさしくなれたかと

あと見る世界がまた変わりました

克服後は何をやってもなんてすばらしいと思えるようになり

失敗は全然怖くなくなりました

なぜなら

パニック障害と自律神経失調症とうつ病のほうが15491562565倍怖いので(笑

解消方法

右の鼻が詰まっている場合は右の鼻の穴を上にして頭の左を下にして横向きで寝るだけです

左の鼻が詰まっている場合は左の鼻の穴を上にして右の頬を下にして横に寝るだけです

15分ぐらいすると鼻がすっきり通ってき鱒

僕だけにしか効かなかったらすいません

僕には確実に効果があるのですが笑っ

両方の鼻が通ると気が付かないうちに朝までぐっすり寝ることができています

この技を編み出してから克服までの道のりはそう遠くはなかったです

if

両方の鼻が詰まるひとは一度、耳鼻科をおすすめします

鼻と耳の病気でもパニック障害と自律神経失調症とうつ病と同じ症状がでる場合があり耳鼻科の病気かもしれませんので

鼻と耳の病気なのにパニック障害と自律神経失調症と間違って診断され治療していてもそりゃいくらたっても治りませんので

僕もこの病気になって疑わしいところは全部検査しようということで耳鼻科を人生初体験したのですが

僕の場合は逆に鼻が通りすぎていると診断されました(笑

無駄ではなくまたこれで一つ原因が消去できましたので不安が一つ減りこれを繰り返していくといつの間にか最後の要因を消すことができていて克服できていました

まとめ

鼻のつまりも自律神経失調症に関係がある

両方がつまりなら他の病気かもしれないので耳鼻科で診察をうけることをお勧めします

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも人生は消去法でいき鱒

f:id:chibiike:20170208135523j:plain

関連記事:自力でパニック障害と自律神経失調症とうつ病を治した方法

-パニック障害自律神経失調うつ病克服実体験

執筆者:

関連記事

パニック障害再発の原因と防止予防方法を実体験に基づいて書きました

力持ちラーメンを ちょっち おちゃめおかんに作り申した おはようスパンクU^ェ^U ちょっこす カップ麺のなかに 焼いたお餅をいれただけですが笑 今日はね パニック障害と自律神経失調症とうつ病は再発す …

白髪を初めて自分で染める男子です

パニック障害と自律神経失調症とうつ病になると白髪が一気に増えるのはご存知でしょうか?   30代で心の風邪をひき病気になる前は真っ黒だったのですが病気になってからは白髪が一気に増えて気になりだしました …

適度な運動とはパニック障害と自律神経失調症とうつ病にはどのくらいのことを言うのか医者に聞いてみた

おはようスパンク(*’ω’*) ちょっち あれだけ蒸し暑くて寝苦しかったのが雨が降って一気に気温が下がって寝やすくなりました(笑 おかげ様で朝起きたときの調子は昨日よりめちゃよ …

no image

パニック障害と自律神経失調症とうつ病で外出できなくなり将来のために家でやっておいてよかったこと

パニック障害と自律神経失調症と鬱病が全盛期の時は冬が一番症状が重かったです この病気になる前までは夏と冬とどっちが好きと聞かれると必ず冬が好きと答えていたのですが(笑 理由は蚊がいないからです(笑 心 …

医者からいつ頭の血管が切れてもおかしくないと言われ降圧剤の『アジルバ錠20mg』を処方された

ふわふわ眩暈がしてまともに歩行ができなくなったので病院に駆け込むと医者からいつ頭の血管が切れてもおかしくないと この検査が最終的に『パッキャラマド病』と診断されるまでの最初の検査だったのを今でも覚えて …

chibiike

プロフィール

プロフィール
chibiike
1人で親父の在宅介護を10年以上、仕事と両立しながらやっていました
介護ストレスを酒でごまかした結果、パニック障害と自律神経失調症とうつ病を発症
寝たきり状態から回復まで至った体験談と親父の在宅介護の体験談を書いていき鱒

フォローして最新情報を受け取る





follow us in feedly