chibiike(ちびいけ)

パニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断された男がいろいろ挑戦してみた

催眠療法

催眠療法(暗示)はパニック障害と自律神経失調症とうつ病の予期不安解消に効果があるのか?ないのか試してみた結果

投稿日:

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

から揚げを食べました

なんか久し鰤に揚げ物を食べた鴨しれません

パッキャマラド病になってから揚げ物を食べるのをなんか控えていた記憶がありましたが病気になる前はから揚げが大好きだったことを思い出しました(笑

 

今日は心の病気にスマホのアプリで催眠療法ができるのを見つけたのでやってみた結果を書いていき鯛と思い鱒

催眠療法を試してみた

30分ぐらいガイダンスに従って呼吸をゆっくりと深くして頭の中で想像していく感じでした

僕が寝たきり時代に初めてやった自律訓練法と同じかなと最初は思いました

僕が行っていた自律訓練法はユーチューブのやつで呼吸法でリラックスをして自分の右腕が温かくなるとか心臓が落ち着いてき鱒とか意識をして暗示をかけて自分で自律神経を正常に戻すみたいな感じでした

催眠療法の方はうまく説明ができないのですが今の自分と過去の自分と未来の自分を頭に想像していく感じでした

ここが自律訓練法と少し違うのかなと思いました

人にやってもらうのもなんか逆に気を使うので好きな時間に好きな場所でアプリでできるなんて僕にはもってこいだなと(笑

やってみた結果

呼吸法と落ち着く音楽がかかっているのでそれだけでリラックスできるのですが今の自分の経験を過去の自分に渡しに行ったり頭の中で想像することによって今の自分に自信をつけることができました

自律訓練法では体をできる限りリラックスさせて全身の血行がよくなり予期不安が軽減していった感じでした

催眠療法の方では過去、現在、未来の自分を想像することによって自信が持てるようになりました

自分がやりたい楽しいことを想像する

なんかしょうもないことを深く考えすぎて自分で自ら予期不安を呼び込んでいることに気づくことができたかなと(笑

今更ですがもしかして原因は自分自身かなと(笑

いつもの目を閉じていろいろと頭で考えすぎて最後には最悪なことしか思い浮かばなく運動をするより疲れ逆にストレスが溜まっていましたが催眠療法で想像するって絶対に疲れると思っていたのですがその疲れはまったくなかったです

考え方次第でこんなにも変わるだなと実感しました(笑

深い呼吸を意識してみると自分が普段いかに呼吸が浅くて呼吸をする回数も多いと発見できました(笑

まとめ

催眠療法は僕には効果があった

自律訓練法とダブルで毎日行うとリラックスもできて自信もつけることができるなと

どちらも基本は呼吸法が大事だと思った

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも自分に僕はできるという暗示をかけて生き鱒

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!

関連記事:自力でパニック障害と自律神経失調症とうつ病を治すことができるのか?いろいろ挑戦してみた結果

-催眠療法

執筆者:

chibiike

プロフィール

プロフィール
chibiike
1人で親父の在宅介護を10年以上、仕事と両立しながらやっていました
介護ストレスを酒でごまかした結果、パニック障害と自律神経失調症とうつ病を発症
寝たきり状態から回復まで至った体験談と親父の在宅介護の体験談を書いていき鱒

フォローして最新情報を受け取る



follow us in feedly