パニック障害自律神経失調うつ病克服実体験

【消去克服法】パニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断され2年で克服してやりましたよ!!

投稿日:

2年でパニック障害と自律神経失調症とうつ病を克服した方法をまとめましたので同じ病気の人に少しでも希望の光がさしていただければと思います

 

発症時期と場所

2年前の10月に都会で遊んでいるときにいきなり目の前に光が現れて行きなり肩の力が抜けて手足がしびれて歩けなくなり

あっ

このままでは死んでしまうという不安が襲ってきて心臓がバクバクいって息ができずになったのがパニック障害との初めての出会いでした

この時にはまだパニック障害とは思ってもいなく脳の血管が詰まったと思っていました

 

次の日には痺れもなく普通にいけたので別に病院にも行かずにほったらかしにしていました

今思えばこれが克服するまで2年かかった要因となろうとは知らず

 

1か月に1回ぐらいから毎日ふらついてきて不安が襲ってくるようになってからやっと病院にいきました

 

検査

内科

血圧を測ると190ぐらいで医者から高血圧症と診断されました

動脈硬化検査をすると年齢の割には動脈硬化が進んでいると

mri検査では別に以上なし

血液検査、尿検査も以上なし

全身の血管がつまっていないか造影検査でも異常なし

 

それでもふらつきとパニックは治らず神経症と自律神経失調症と診断され精神病院に紹介状を書いてもらいました

 

眼科

目が眩しいので眼科にいくと

ドライアイと緑内障の疑いがあり

緑内障の精密検査を2回行ったのですが異常なし

 

脳神経外科

脳のmri検査ではめちゃ綺麗な脳みそと頭をしていると誉められ

動脈瘤にもなりにくいきれいな血管だと言われました

首のmriでストレートネックと診断され病名は肩こりと診断されました(笑

ロキソニンの薬を肩こりがひどいときに飲むとよいと処方されました

 

この時点でストレートネックが僕の心の病の一番の原因だとわかってやっと安心しました

それから病気が改善の方向に向いていきます

 

鍼灸接骨院

 姿勢が悪すぎて猫背が原因だと言われマッサージと針をうけるが効果が僕にはありませんでした

これが結果で自分で猫背を直すために筋トレと体幹トレとヨガを始めるきっかけとなります

 

耳鼻科

蓄膿症でもなく後鼻漏でもなく異常なし

逆に鼻が通り過ぎていると

 

精神病院

カウンセラーの医者からパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断されます

向精神薬での治療が始まるが2016年の11月で断薬に成功して今に至る

 

克服方法

消去克服法

まずは病院で全身検査をしてどこも悪くなく最後にパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断されてほかの病気の原因と不安をすべて取り除いてみてください

全身検査でひとつひとつ検査を受けて異常なしと言われると原因がわからないのが逆に不安になると思いますが一つ原因がなくなったと思って逆の考え方をしてください

異常なしと言われるのがよいことで検査がひとつひとつ減っていくことが改善と克服に一番の近道になっていきますので

最後にはパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断されるとこの病気に対する改善方法を集中してやるだけなので

もし違う病気なのにやっていても遠回りになるだけですので

消去克服法であらゆる原因を消去してみてください

最後には気が付けば改善して克服して消去するものがなくなっていますので

 

食事療法

心の病になる前と全盛期は暴飲暴食をしていました

これも原因でまずは食生活から変えることにしたのですが僕にはかなり効果がありあした

僕が効果があった食べ物と飲み物を以下に記述しておきます

 

パニック障害と自律神経失調症とうつ病によい食材はセロトニンとGABAとビタミンB12とミネラルを多く含む食べ物です

この成分不足が心の病の原因だということで実際に食べてこの4つの成分を増やして改善効果があった食べ物と飲み物を紹介します

 

セロトニンを増やす食べ物

アーモンド

まずはアーモンドの栄養成分から調べてみると一つの結論にたどりつき納得してしまいました^ – ^

ナッツ類にはトリプトファンが多く含まれていることに

このトリプトファンはセロトニンを作るのに必要な成分です

パニック障害や自律神経失調症やうつ病はセロトニンが減少しても発症するといわれてい鱒

僕も全盛期のときはセロトニンを増やす薬を医者から処方されていたのも納得ですよね

びつ栗したのは本当に身体は正直で自分が思ってもいなくても無意識にアーモンドを欲しがる笑

人間ってすごい機能が備わっているなと生きていくために必死にもがける機能がトリプトファンとビタミンb6も必要でビタミンb6は大豆に含まれてい鱒ので僕は毎日豆乳を飲んでいるし日光も浴びてウォーキングもしているのでセロトニン問題は解決され断薬ができたと(*´ω`*)

再発もしない身体になっているのかと

勝手に無意識のうちに予防方法を試していたことに笑

ハチミツ

心の病に改善効果のあるセロトニンは腸内で95パーセントが作られます

そこで

ハチミツが腸内環境を良くしてくれるので腸でのセロトニンを効率よく作れるようなるという良い循環になります

ハチミツには消化を助けてくれるアミラーゼやマルターゼなどの酵素が含まれている

ハチミツに含まれるオリゴ糖とグルコン酸がお腹によい善玉菌のビフィズス菌を増やしてくれ腸内環境を良くしてくれる

蜂蜜は腸には優しくて心の風邪には心強い食べ物です

 

非加熱の純粋な天然蜂蜜の方が加熱された蜂蜜より良い成分が入っているので購入するときは非加熱の純粋天然蜂蜜をお勧めします

 

見分け方は天然の蜂蜜は白く凝固するので見た目ですぐ判断できると思います

豆乳

トリプトファンが豊富に含まれていてパニック障害と自律神経失調症とうつ病の原因を改善してくれるセロトニンを作るために有効

 

豆乳のレシチンの成分に含まれるコリンが脳を活性化させてくれて集中力を高めてくれる

確かに

ミネラルファスティング変えて豆乳を飲むようになってからは集中力向上してい鱒

 

大豆イソフラボンが含まれていること

イソフラボンはよく耳にするので言葉だけはしっていましたが笑

効果は女性ホルモンの促進でした

男性には薄毛予防と体臭予防になると

今のところ僕は髪の毛はぼーぼーで体臭は無臭でムシューダ星人なので今からイソフラボンで対策をしてい鱈スーパーおじいちゃんになるんじゃないかと笑

60歳でも20歳ぐらいの感じでいける自信はあり鱒笑っ

 

オリゴ糖による腸内環境を整えてくれ便秘の改善

僕は豆乳を飲む前から快便でしたのでこれも予防になるかと笑

 

ビタミンe、ビタミンb1、ビタミンb2による美容効果

これは女子には嬉しいですよね

血行促進と肩こりにもよいと

筋トレと体幹トレの効果もあると思い鱒が確かに血行促進はされて肩こりはなくなりました

納豆

納豆に含まれているトリプトファンがパニック障害と自律神経失調症とうつ病の原因となるセロトニン不足を解消してくれ良い眠りに導いてくれる

 

きな粉

きな粉がパニック障害と自律神経失調症と鬱病にどんな効果があるか書いていきます

何度もループ話になり鱒が心の風邪や神経症には脳のセロトニンを増やすことが改善への近道と言われてい鱒

そのセロトニンを増やすのに有効な栄養素があり鱒

セロトニンには95パーセントは腸で作られるので腸を改善させるにはまず食べ物からとなり食事療法が効果的なのもわかりますよね

 

セロトニンを作るにはビタミンB6を含む食材を摂取することがよいとされ

きな粉にはビタミンB6が多く含まれているのでもってこいの食材なんです

きな粉は何にでもささっとふりかけて簡単に摂取でき身近に存在をしていて安く手に入るのでおすすめです

僕は白ご飯の上にかけて毎日食べていました

 

トマトジュース

みなさもご存知だとおもうのですが

一度はリコピンという成分の名前を聞いたか耳にしたことはあると思い鱒

いろいろ効果があるのですが今回は僕の心の風邪に改善効果があったところだけを注目してみていきましょう

 

リコピンには整腸効果がありこれにより腸がきれいになりセロトニンを作る環境を整えてもらえる

 

心の病になると血圧があがるんですよね

トマトジュースに含まれているカリウムが塩分を外に排出してくれ血圧を下げてくれる

 

※ただし注意があります

僕が調子にのってトマトジュースを毎日1リットルぐらい飲んでいたら逆に塩分がもっていかれてストレス発散に使われるミネラルが不足して悪化しました

ストレスを発散するのにもある程度の塩分は必要なので

そして体が冷えて体温も下がります

ので

1日コップ1杯ぐらいをお勧めします

 

美肌とダイエット効果などはもう当たり前のように書かれていますので割愛させていただきます(笑

 

お酢

体内に乳酸が溜まるとパニック発作を引き起こす原因とされていてその乳酸を分解してくれるのがクエン酸です

お酢には乳酸を分解するクエン酸が含まれているので飲むことによって乳酸を分解してくれ疲労回復をしてくれる

ストレスによって人間の体が酸性化して老化するのもクエン酸を摂取することにより老化予防とストレス発散効果が期待できる

ストレスによって乱れた自律神経を落ちつかせてくる

お酢に含まれているクエン酸はパニック障害と自律神経失調症とうつ病にはもってこいの飲み物だと思いました

 

ビタミンB12を増やす食べ物

 スムージー

ビタミンB12は脳から神経伝達をスムーズにするのでパニック障害と自律神経失調症とうつ病の改善に期待できる

ビタミンB12が不足すると思考力の低下と感覚が鈍くなる

スムージーからパニック障害と自律神経失調症とうつ病の改善に期待されるいろいろな栄養成分を一度で手軽に摂取することができる

 

ミネラルを増やす食べ物

ゆで卵

ゆで卵がミネラルバランスがよく含まれていてミネラルは神経の伝達の以上を正常にしてくれる綺麗な血液を作る、代謝を良くして体内から毒素を排出してくれる効果があります

 

タンパク質が豊富に含まれているのでタンパク質は筋肉を作るために必要な栄養素で
パニック障害と自律神経失調症とうつ病を克服するためには健康な体を作ることによって不安やストレスを跳ね返すことができる

 

ピーマン

ピーマンにはパニック障害に効果的なビタミンCが豊富に含まれている

ビタミンCはストレスに効果があると

てっきりビタミンCと言えばお肌によいとか風邪をひいたときに摂取すると良いとばっかり思っていましたが

ストレスといえばよくイライラしたらカルシウムを摂ったほうがよいと

牛乳を飲みなさいと言われたもんですが笑

牛乳はすぐにお腹をこわすので苦手だったのでピーマンのビタミンCからイライラを改善できるなんて思ってもいなかったです(*´ω`*)

 

年齢を重ねることによって体内のビタミンCが減少してくると言うことで僕もいつの間にか気がつかないうちにビタミンCが体内から減少をしていて病気を発症したかもと

 

ビタミンCは火に通すと壊れやすいので生で食べることをお勧めします

僕もパニック障害と自律神経失調症とうつ病が全盛期のときに少しでも多くのビタミンCを摂取するためにピーマンを生でスライスをしてサラダとして食べていました

 

これからはビタミンCも積極にとっていかないといけないなと

プロテインにはビタミンCが含まれているのか今から速攻でパッケージの後ろの成分表示を確認してき鱒笑

 

チーズ

チーズの成分にチロシンとフェニルアラニンとのがありこの2つの成分が脳のドーパミンを作り意欲がでたり集中力が上がると

カルシウムも多く含まれていてイライラを予防してくれる

ビタミンAとビタミンB2が豊富に含まれていてビタミンAは免疫機能を高めてくれビタミンB2は疲労回復をしてくれる

フェリンやガゼインリンタンパクが生命機能を高める効果がある

パニック障害と自律神経失調症とうつ病になった人でお酒に逃げてしまう人もいるかと

そんな人にチーズは牛肉と同じで胃に保護膜をはってくれ胃を守ってくれアセドアルデヒドを分解してくれると

チーズに入っているこれらの成分がパニック障害と自律神経失調症とうつ病の改善に効果があると

 

かなり心の病気を改善してくれる成分の種類が豊富に含まれていると感じました

一番の発見はチーズが二日酔いのアセドアルデヒドを分解してくれることを初めてしりました

もっと早く知っていればと笑っ

よくワインとチーズがあうっていうのはこういうことなんですかね

 

GABAを増やす食べ物

じゃがいも

ジャガイモにはGABAが含まれていてギャバは脳の興奮を抑えてくれ精神を安定させてくれる

脳の血流改善と酸素不足も改善で

パニック障害と自律神経失調症とうつ病の人は呼吸が浅く脳に酸素が足りていないのも原因と言われているので

GABAは心の風邪には必要不可欠な成分だと思い鱒

セロトニンとはまた違う方面からアプローチや働き方をしてくれる

GABAとセロトニンが不足しなければ無敵だなと笑っ

 

効果がなかった食べ物

コーヒー

僕の担当のカウンセラーの医者曰くカフェインは自律神経の交感神経を優位にしてしまい神経敏感にしてしまうのでパニック障害を起こしやすくしてしまうとのことです

今現在もですがカフェインを摂取することだけは医者からとめられてい鱒

特にコーヒーは飲まないでくださいと

コーラ

目が覚める

やる気がでる

心の風邪をひいているひとには自律神経の交感神経を優位にさせパニック発作を誘導してしまう

 

病気が治ったと思ってもカフェインは摂取しないことをおすすめします

それだけです(笑

チョコレート

チョコレートに含まれているカフェインが神経を興奮させ自律神経の交感神経を優位にしてしまい神経が昂りその結果、心の病気が悪化する

心の風邪にはカフェインはなるべく摂取しないほうがよい

カレー

カレーに含まれているスパイスが腸の働きを良くしてセロトニンの分泌を活性化させる

セロトニンが増えることによってパニック障害と自律神経失調症とうつ病は改善する

体を暖めてくれる

 

成分的にはカレーはパニック障害、自律神経失調症、うつ病に効果がある改善によいと思い鱒が

実際に自分に体で試してみましたが効果があるのかないのかは人の体質と病気の重度に効果は左右されると思いました

あと食べるタイミングもあるかと

 

パニック障害になる前からも僕はカレーを食べると頭がパンパンになってふらつく兆候が今思えばありました

思い切ってパニック障害全盛期にカレーを食べてみると余計ふらつきふわふわしてきて少し不安が襲ってきてそれが何時間も続いていて

僕にはカレーは逆効果だなと結論に至りました

 

アルコール

不安を取り除いてくれリラックスできる

やる気がでる

寝酒で夜すぐに寝ることができる

but

病気が治ったと錯覚してしまいアルコールが切れると症状が再発するのでまたアルコールを摂取してしまい挙げ句の果てアルコール依存症を併発してしまう

不眠症の人はお酒がないと寝れなくなるので余計にお酒を飲んでしまう

向精神薬を服用中の人は飲酒は禁止されている

もし同時に服用すると作用が早まりなにが起こるかわからない

アルコールが体内から抜けると症状が悪化する

完治するまでの期間が長くなるもしくは治らない

 

ストレッチ

僕はとうとう寝たきりになってしまい寝ていてもパニック発作が起こってくる体に全盛期のときは何もできませんでした

とりあえず寝ててもしかたがないのでストレッチから始めるのですがストレッチをしているだけで不安が襲ってきます

どうしたものかと

もう不安が襲ってきても死ぬことがないと医者から言われていたしすぐに遠慮せずに救急車で運ばれてきてもよいからと言われていたので

パニックが起こってもよいはと思いながらストレッチをしているとなぜかパニックが起こらなくってか不安が襲ってこなくなり(笑

起こったとしてもしゃがんでいたら2時間ぐらいでどっかに行くことを何度か体験しているうちに慣れてきてあまりびっくりしなくなり

この状態になったのが不幸中の幸いで次のステップに入れるようになりました

 

筋トレ

一日30回のスクワットから始めました

慣れてくると一日30回のスクワットを3回

腕立て30回を3セット

腹筋30回を3セット

背筋30回を3セット

行っていました

 

ストレートネック対策に首の筋トレを行っていました

僕にはこの首の筋トレが一番効果がありました

あおむけに寝転んで首だけを自分で起き上がらせる動作を30回を3セットするだけです

頭の重さだけで筋トレができます

 

体を鍛えてから次の心肺トレーニングにウォーキングから入ることができました

ウォーキング

ストレッチと筋トレでまずは体の基盤の作り歩けるぐらいまでなると次はウォーキングで外に出ようと考えました

足腰を鍛えるのもありますが心肺も同時に鍛えようと

あと日光に浴びてセロトニンを増やすのも目的です

はじは慣れるまで家の周りや近くからゆっくりとやってください

僕は最初ウォーキングでも常に不安が襲ってきて何度もパニックなりました

でもその場で立ち止まり深呼吸で対応できるようになってからはこっちのものでだんだんと距離と時間を延ばせていけるようになり

心肺と足腰と首の筋肉が鍛えられるようになってからはいつの間には不安はどっかにきえていて嘘のようにふらつきも手足のしびれもなくなっていました

 

次はもう再発しないように予防対策のために上記に書いた方法を毎日日課として行っていますが再発はしていません

 

ミネラルファスティング

これも効果があったので記述しておきます

食事療法でも体調が改善しない場合は逆に断食をしてみました

いきなり断食は心の風邪には負担をあたえますので一日1食夜ご飯を抜くことからはじめることをおすすめします

もしこれで体調がよくなればミネラルファスティングを一度やってみてください

僕は今もミネラルファスティング中ですが再発もしていませんしお腹の調子がよくなることによって病気が全盛期のときはかなり症状がましになりました

 

f:id:chibiike:20170216183554j:image

 

-パニック障害自律神経失調うつ病克服実体験

執筆者:

関連記事

【『寛解』から『完全克服』への道】電車で2時間以上乗車の最終試験を自分に課してきます

2時間以上電車に乗らないといけないという29日に最終試験があるのですがふとパニック障害と自律神経失調症とうつ病になってから真剣に電車に乗ったのはいつだったのかと考えたら1年か2年以上は乗っていないなと …

白髪を初めて自分で染める男子です

パニック障害と自律神経失調症とうつ病になると白髪が一気に増えるのはご存知でしょうか?   30代で心の風邪をひき病気になる前は真っ黒だったのですが病気になってからは白髪が一気に増えて気になりだしました …

爪は切っても親との縁は切るな

パック障害と自律神経失調症とうつ病になると親と家族との縁がどれだけ有難い改めて気づかされた当時の過去記事がでてきましたので今現在克服した感想も追記してリライトして新しく更新させていただきました 201 …

18時間以上の空腹時間を作ることによってパニック障害と自律神経系失調症とうつ病に効果があるのか試してみた

狐うどんを ちょっち おちゃめおかんに作ってみました おはようスパンクU^ェ^U お茶目おかんがミネラルファスティングをしている僕にやたらと何かを食べさそうとしてくるのですがフリなのかワザとなのか僕の …

no image

カレーが怖い

毎週恒例の火曜日の精神病院でのカウンセリングから無事に帰ってきました 今日はパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断され克服できた僕がカレーは食べてよいのか前にカウンセラーに聞いたことがあるようなな …