パニック障害自律神経失調うつ病克服実体験

パニック障害と自律神経失調症とうつ病を自力で治した方法

投稿日:2017年6月5日 更新日:

2年でパニック障害と自律神経失調症とうつ病を克服した方法をまとめましたので同じ病気の人に少しでも希望の光がさしていただければと思います

一生治ることがないと思っていたのですがじょじょにゆっくりと改善していくにつれて自分に自信がでてきて治るきっかけになりました

全盛期は向精神薬に頼りましたが2016年の11月に断薬に成功して今は薬を飲まずに再発防止をできています

パッキャラマド病になったいきさつから受けた検査と克服までの経緯を書いていきます

発症時期と場所

2年前の10月に都会で遊んでいるときにいきなり目の前に光が現れて行きなり肩の力が抜けて手足がしびれて歩けなくなり

あっ

このままでは死んでしまうという不安が襲ってきて心臓がバクバクいって息ができずになったのがパニック障害との初めての出会いでした

この時にはまだパニック障害とは思ってもいなく脳の血管が詰まったと思っていました

次の日には痺れもなく普通にいけたので別に病院にも行かずにほったらかしにしていました

今思えばこれが克服するまで2年かかった要因となろうとは知らず

1か月に1回ぐらいから毎日ふらついてきて不安が襲ってくるようになってからやっと病院にいきました

関連記事:パニック障害と自律神経失調症とうつ病のきっかけと原因と初期症状

検査

内科

血圧を測ると190ぐらいで医者から高血圧症と診断されました

動脈硬化検査をすると年齢の割には動脈硬化が進んでいると

mri検査では別に以上なし

血液検査、尿検査も以上なし

全身の血管がつまっていないか造影検査でも異常なし

それでもふらつきとパニックは治らず神経症と自律神経失調症と診断され精神病院に紹介状を書いてもらいました

関連記事:MRI検査を脳梗塞と血栓と脳の動脈硬化を調べるために閉所恐怖症の僕が初めて受けたみたがパニックにはならなかった

関連記事:下肢閉塞性動脈硬化症を調べる造影ct検査で死亡確率があると説明され人生初の遺書を書いてから受けた

関連記事:首の頚動脈硬化を調べるため超音波検査頸部血管エコーを初めて受けましたが異常はありませんでした

関連記事:血管の硬さ(bapwv)と足の血管の詰まり(ABI)検査を初めて受けてみた結果は少し動脈硬化が進んでいて足のつまりはなかった

眼科

目が眩しいので眼科にいくと

ドライアイと緑内障の疑いがあり

緑内障の精密検査を2回行ったのですが異常なし

関連記事:眼科で眼圧が高くドライアイで視神経が緑内障の疑いがありと言われ精密検査を受けた結果は正常でした

脳神経外科

脳のmri検査ではめちゃ綺麗な脳みそと頭をしていると誉められ

動脈瘤にもなりにくいきれいな血管だと言われました

首のmriでストレートネックと診断され病名は肩こりと診断されました(笑

ロキソニンの薬を肩こりがひどいときに飲むとよいと処方されました

この時点でストレートネックが僕の心の病の一番の原因だとわかってやっと安心しました

それから病気が改善の方向に向いていきます

鍼灸接骨院

姿勢が悪すぎて猫背が原因だと言われマッサージと針をうけるが効果が僕にはありませんでした

これが結果で自分で猫背を直すために筋トレと体幹トレとヨガを始めるきっかけとなります

耳鼻科

蓄膿症でもなく後鼻漏でもなく異常なし

逆に鼻が通り過ぎていてオペラハウス病だと診断されました(笑

関連記事:後鼻漏と蓄膿でもパニック障害と自律神経失調症とうつ病と同じ症状があるので耳鼻科で初めて検査した体験談

精神病院

カウンセラーの医者からパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断されます

向精神薬での治療が始まるが2016年の11月で断薬に成功して今に至る

関連記事:向精神薬の減薬から断薬にパニック障害と自律神経失調症とうつ病の男が筋トレとジョギングで成功

関連記事:過呼吸とてんかん発作を調べるために脳波検査を受けて原因はみつかりませんでした

関連記事:パニック障害と自律神経失調症とうつ病で病院と医者の選び方

克服方法

消去克服法

まずは病院で全身検査をしてどこも悪くなく最後にパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断されてほかの病気の原因と不安をすべて取り除いてみてください

全身検査でひとつひとつ検査を受けて異常なしと言われると原因がわからないのが逆に不安になると思いますが一つ原因がなくなったと思って逆の考え方をしてください

異常なしと言われるのがよいことで検査がひとつひとつ減っていくことが改善と克服に一番の近道になっていきますので

最後にはパニック障害と自律神経失調症とうつ病と診断されるとこの病気に対する改善方法を集中してやるだけなので

もし違う病気なのにやっていても遠回りになるだけですので

消去克服法であらゆる原因を消去してみてください

最後には気が付けば改善して克服して消去するものがなくなっていますので

食事療法

心の病になる前と全盛期は暴飲暴食をしていました

これも原因でまずは食生活から変えることにしたのですが僕にはかなり効果がありあした

僕が効果があった食べ物と飲み物を以下に記述しておきます

パニック障害と自律神経失調症とうつ病によい食材はセロトニンとGABAとビタミンB12とミネラルを多く含む食べ物です

この成分不足が心の病の原因だということで実際に食べてこの4つの成分を増やして改善効果があった食べ物と飲み物を紹介します

関連記事:パニック障害と自律神経失調症とうつ病におすすめ食べ物と飲み物を紹介

呼吸法

自律神経は無意識のうちに動いていて交感神経と交感神経を自分で意識して動かすことはできませんが唯一深い深呼吸では動かせるなと思いました

腹式呼吸で息をはいたときに血管が広がる感じがして手足の先が常につめたかったのが少しぬくくなる感じがしていました

病気になる前は普通に深く呼吸をできていたのに病気になってからめちゃ呼吸が浅いことにきづきました

発作が起こってから呼吸法を意識しても遅いので普段から深い呼吸を意識して発作がおこる予防のためにおこなっていました

自律訓練法

一番初めに医者から教えてもらった方法です

ユーチューブで検索をするとでてくるので動画をみながらそれにしたがって行ってみてくださいと

すぐにはよくならないが毎日5分でもつづけているとだんだんと楽になっていくからと言われました

実際に行ってみるとめちゃリラックスできる音楽がながれてきてあおむけに寝て目を閉じてリラックスして落ち着く声の指示通りにおこなっていくだけです

自分に暗示をかけていく感じですが思いこむってか意識をするだけで体が温かくなってリラックスできました

ストレッチ

僕はとうとう寝たきりになってしまい寝ていてもパニック発作が起こってくる体に全盛期のときは何もできませんでした

とりあえず寝ててもしかたがないのでストレッチから始めるのですがストレッチをしているだけで不安が襲ってきます

どうしたものかと

もう不安が襲ってきても死ぬことがないと医者から言われていたしすぐに遠慮せずに救急車で運ばれてきてもよいからと言われていたので

パニックが起こってもよいはと思いながらストレッチをしているとなぜかパニックが起こらなくってか不安が襲ってこなくなり(笑

起こったとしてもしゃがんでいたら2時間ぐらいでどっかに行くことを何度か体験しているうちに慣れてきてあまりびっくりしなくなり

この状態になったのが不幸中の幸いで次のステップに入れるようになりました

筋トレ

一日30回のスクワットから始めました

慣れてくると一日30回のスクワットを3回

腕立て30回を3セット

腹筋30回を3セット

背筋30回を3セット

行っていました

ストレートネック対策に首の筋トレを行っていました

僕にはこの首の筋トレが一番効果がありました

あおむけに寝転んで首だけを自分で起き上がらせる動作を30回を3セットするだけです

頭の重さだけで筋トレができます

体を鍛えてから次の心肺トレーニングにウォーキングから入ることができました

首の筋トレをはじめました(2017年6月5日追記)

体がだいぶできてきたので首の筋トレを開始しました

発作が起こると首筋が突っ張ってきてこれがまた不安を呼んでくるので筋トレで首の筋肉を鍛えるとなんとかなるんではないかという発想です(笑

あおむけに寝て首の重みを利用して首を上下に30回上げ下げ左右に30回動かすだけです

首はめちゃデリケートなので最初は5回ぐらいから始めました

心肺トレーニング

話ができて音楽を聴きながら景色を見ながら走れるぐらいのスピードでのジョギングを飴の日以外はやっています

最初は公園を1周とかからはじめて今は5キロ走っても心臓と肺がハーハー言わなくなりました

あと全力ダッシュをして休憩するというインターバルを6本やっています

平常時での心拍数が100以上あったのが70から80に減り心臓が痛かったのがなくなりました

関連記事:10キロ以上を不安発作を再発せずにジョギングできるようになり血圧と心拍数の変化がやばい

ウォーキング

ストレッチと筋トレでまずは体の基盤の作り歩けるぐらいまでなると次はウォーキングで外に出ようと考えました

足腰を鍛えるのもありますが心肺も同時に鍛えようと

あと日光に浴びてセロトニンを増やすのも目的です

はじは慣れるまで家の周りや近くからゆっくりとやってください

僕は最初ウォーキングでも常に不安が襲ってきて何度もパニックなりました

でもその場で立ち止まり深呼吸で対応できるようになってからはこっちのものでだんだんと距離と時間を延ばせていけるようになり

心肺と足腰と首の筋肉が鍛えられるようになってからはいつの間には不安はどっかにきえていて嘘のようにふらつきも手足のしびれもなくなっていました

次はもう再発しないように予防対策のために上記に書いた方法を毎日日課として行っていますが再発はしていません

ミネラルファスティング

これも効果があったので記述しておきます

食事療法でも体調が改善しない場合は逆に断食をしてみました

いきなり断食は心の風邪には負担をあたえますので一日1食夜ご飯を抜くことからはじめることをおすすめします

もしこれで体調がよくなればミネラルファスティングを一度やってみてください

僕は今もミネラルファスティング中ですが再発もしていませんしお腹の調子がよくなることによって病気が全盛期のときはかなり症状がましになりました

まとめ

いろいろおこなってきましたが徐々に病気が改善するにしたがって方法を変えていきました

寝たきりの時は食事療法

歩けるようになってからはストレッチやウォーキング

毎日発作を起こさなくなってからは筋トレと心肺トレーニング

一番効果があり今も健康を維持できているのは毎日の心肺トレーニングと筋トレでした

2017年6月5日現在の状況

寝たきりからは確実に回復をして普通の生活は遅れるようになりました

毎日不安がおそってきて手足と顔がしびれて心臓がばくばくなり死にそうになる発作が起こってこなくなりました

体内と体外を同時に鍛えることによって向精神薬の断薬後も不安に勝つことができていると思っています

何もやらないよりがむしゃらに心の病にはよいといわれていることを実際に自分の体で試しては試行錯誤してより自分にあっている方法を見つけてよかったと今では思ってい鱒

その当時はよけいに病気がひどくなっていっている感じがしてこのままでいけるのかとずっと自問自答をしていましたがよくなって悪くなってはまた良くなってを繰り返してじょじょに改善していったのを今でも覚えています

これをやったからいきなり明日治るってことは絶対になと(笑

時間はかかりましたが2、3年戦ってきてよかったと思っています

色んな事を学ぶことができまた一回り成長できたかなと(笑

今後は再発防止について書いていき鯛と思い鱒

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも再発防止策を考えて生き鱒

関連記事:パニック障害と自律神経失調症とうつ病で外出できなくなり将来のために家でやっておいてよかったこと

ローヤルゼリーを1粒あたり800mg配合!「ローヤルゼリー粒 ゴールド800」

-パニック障害自律神経失調うつ病克服実体験

執筆者:

関連記事

ジョギング12日目で汗をあまりかかなくなってきて呼吸が楽で今日が一番体が軽く調子が良い!!

朝起きたときから調子がよかったです なんか体が軽いんですよねいつもより パッキャラマド病になって2年以上が経過しますが今日が一番調子がよいです♪ 体調がよいから汗をあまりかかないのか心配トレーニングを …

メイラックス1mgを全般性不安障害とふわふわ眩暈の為に初めて処方された向精神薬だった

以前にブログでジェイゾロフトとセルシン2mgを処方されていたの書いたと思うのですがメイラックスのことは具体的に書いてなかったと思うのでちょっち効果や離脱症状などを書いていき鯛と思い鱒 パッキャラマド病 …

18時間以上の空腹時間を作ることによってパニック障害と自律神経系失調症とうつ病に効果があるのか試してみた

狐うどんを ちょっち おちゃめおかんに作ってみました おはようスパンクU^ェ^U お茶目おかんがミネラルファスティングをしている僕にやたらと何かを食べさそうとしてくるのですがフリなのかワザとなのか僕の …

よく噛んで食べることがパニック障害と自律神経系失調症とうつ病に改善効果があった体験談です

おにぎりのシーチキンを半分に ちょっち 割ってみた写真がでてきましたのでアップり鱒 おはようスパンクU^ェ^U 今日はね 食べ物をよく噛んで食べることで僕のパニック障害と自律神経系失調症とうつ病に改善 …

病気の予防と改善になる適度な運動とはどのくらいのことを言うのか医者に聞いてみた

精神病やパッキャラマド病のサイトをみると適度な運動が回復にはよいとよく書かれていて適度な運動ってどれくらいの運動のことを示すのかわからなかったので毎週恒例の精神病院へカウンセリングを昨日受けてきたとき …

chibiike

プロフィール

プロフィール
chibiike
1人で親父の在宅介護を10年以上、仕事と両立しながらやっていました
介護ストレスを酒でごまかした結果、パニック障害と自律神経失調症とうつ病を発症
寝たきり状態から回復まで至った体験談と親父の在宅介護の体験談を書いていき鱒

フォローして最新情報を受け取る





follow us in feedly