介護食・嚥下食が作れないときにレトルト(アサヒ区分1)5種類を母親と一緒に食べてみて参考になったことです

介護食・嚥下食

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

今日は入れ歯で高齢になり噛む力と飲み込む力が弱ってきた母親に介護食と嚥下食が作れないときに頼っているレトルトをカロリーの比較や食べ比べをしてみた事を今現在、介護食を実際に作っていて後でもう一度参考にする為に記録として残しておき鱒(笑顔

前回はキューピーさんの区分1をまとめたのですが今回はアサヒさんの区分1をまとめていき鱒(笑顔

カロリーの低い順から書いていき鱒(笑顔

アサヒの白身魚だんごと帆立の寄せ鍋

やわらか食のレトルトで寄せ鍋を食べれるなんて思ってもいませんでした(笑

冬で鍋の美味しい季節になってきたので丁度よいかなと思って母親と食べてみることにしました

レビュー

毎度同じみなんですがちょっこす母親より先に味見をさせていただきました(笑

僕は魚が苦手なのでいけるかなと思ったのですが食べてみるとそんな心配もどこ吹く風でした(笑

ぜんぜん僕の苦手な白身魚の味がしませんでした

僕でも食べれるということは魚嫌いの人でもmaybe食べれると思い鱒(笑

母親は魚が大好きなので何事もなく余裕で食べていました(笑

僕が見逃しているのか帆立の感じがあまりなかったかなと思いました

味は以前に食べたキューピーさんの『海老だんごのかきたま』に似ているなと思いました

今まで食べてきたレトルトの中で味付けは丁度よいかなと思いました

見た目

やわらか食のレトルトを初めて器に入れたときに見た目はどんな感じなのかと心配をしていたのですが区分1っていうのもあると思い鱒が食材の原型があり思っていたよりも美味しそうだなと思いました

硬さ

容易に噛める区分1

入れ歯の母親も普通に食べれていました

栄養表示成分の表示

エネルギー 58キロカロリー

タンパク質 2.5g

脂質 3.0g

炭水化物 5.3g

食塩相当量 0.7g

白身魚だんごのかき玉あんかけ

以前に食べたキューピーさんのかき玉あんかけは白身魚ではなく海老だんごだったことを思い出ししました

アサヒさんは寄せ鍋のときも白身魚だんごだったので白身魚だんご率が高いのかなと思いつつ(笑

レビュー

入れ歯でも簡単に食べれるレトルトを初めて食べる前から一度、食べたことがある味だとずっと思っていました

それがいまやっとこさわかりました

普通のレトルトの『親子丼』と同じ味がするなと思いました

あっつあつの白ごはんの上にかけても美味しいと思いました

おちゃめおかんにだすときはやわらかく炊いた白ごはんのうえにかけて食べてもらってもよいかなと

キューピーさんの『海老だんごのかきたま』と同じ味がしました

あんかけの分、アサヒさんの方がとろみが増していた感じでした

母親もいつも通りに食べていました

やらわかさ

容易にかむことができる区分1

入れ歯になって硬いものが食べれなくなったと毎日嘆いていた母親でも食べれてい鱒

毎日、おちゃめおかんから入れ歯になっ鱈、情けなくなる

歯は一生大事にしなさいやと言われているのですがめちゃ説得力があり鱒

栄養表示成分

エネルギー 64キロカロリー

タンパク質 4.0g

脂質 2.9g

炭水化物 5.4g

食塩相当量 0.9g

和風ハンバーグ

 

アサヒさんが介護食のレトルトを出しているのに初めて知りました(笑

左がアサヒさんで右がキューピーさんのパッケージです

スマホでは上がアサヒさんで下がキューピーさんです

今思うとパッケージの写真もちゃんと撮影しておけばよかったと思ってい鱒(笑

パッケージで両方も同じくおいしそうです

感想

母親に何も言わずに出してみると全く気付かないので、あれっと思って僕も少しだけ味見をさせてもらうとキューピーさんの和風ハンバーグとほとんど味は変わらないなと思いました(笑

そりゃ母親もメーカーを変えたことに気づかないなと(笑

見た感じと香りで味付けが濃い感じがすると言って、食べるとやはり濃いと言っていました

硬さ

 

左がアサヒさんで右がキューピーさん

スマホでは上の写真がアサヒさんで下の写真がキューピーさんです

キューピーさんと変わりがないなと思いました

メーカーによっても区分1の容易にかめるシリーズで同じでも硬さは少し違うのかなと思っていたのですがあまり変わりがないと思いました

母親も硬いとも言わずに普通に食べることができていました

 

左がアサヒさんで右がキューピーさんです

スマホでは上がアサヒさんで下の写真がキューピーさんです

ぱっと見なのですがキューピーさんの方が具材は多い感じはし鱒

区分

区分1の容易にかめる

栄養表示成分

アサヒ

エネルギー 95キロカロリー

タンパク質 4.4g

脂質 4.3g

炭水化物 9.7g

食塩相当量 1.2g

デミグラスハンバーグ

噛む力がなくても食べれるレトルトでハンバーグ系を食べるのはキューピーさんの『和風ハンバーグ』と『煮込みハンバーグ』とアサヒさんの『和風ハンバーグ』で今日の『デミグラスハンバーグ』で4種類目だと思い鱒

以前にキューピーさんとアサヒさんの『和風ハンバーグ』の比較と食べ比べをしてめちゃ勉強になりました

レビュー

やはりハンバーグ自体には味があまりなかった感じでした

ハンバーグに味があった感じがしたのはキューピーさんの『煮込みハンバーグ』だったと思い鱒

あとはソースにめちゃ味がついている感じでした

母親と僕にはソースの味は濃いかなと思いました

硬さ

 

容易に噛むことができる区分1

お箸で割ってみた感じの写真をアップしておき鱒(笑

お箸で普通に割ることができました

おちゃめおかんも無事に食べることができていましたがもうひとつ区分を上げて区分2を試してもよいかなと最近思ってきました

また機会があれば区分2の硬さややわらかさはどんな感じなのか勉強がてら母親と一緒に食べてみ鯛と思い鱒

栄養表示成分

エネルギー 102キロカロリー

タンパク質 4.4g

脂質 5.5g

炭水化物 8.6g

食塩相当量 0.8g

京風がんもの含め煮

今更なのですが京風のってどういう意味なのかと(笑

なんかそっちの方が気になりました(笑

広島風とかの風です

ながくなりそうなのでこの話は置いておき鱒(笑

レビュー

ぱっと見ですがかに玉かと僕は思いました

見た感じに餡がかかっていてふわふわしているのがわかりました

母親から僕が先に味見をさせてもらったのですが初めての味にびつ栗しました

京風がんもの含め煮を食べるのも人生初でした

なんて表現していいのかわからないのですが不思議な味でした(笑

僕には合わなかったです

今まで食べた事のない香りが口の中に広がりました

それが食べている間も食べ終わった後も少し残っていました

味付けはやはり少し僕には濃いかなと思いました

餡のとろっとろの感じは好きでした

僕が京都の味を知らなさすぎるのか(笑

普段、おしゃれな物を食べていないので僕の舌がびつ栗したのかと(笑

硬さは

容易にかめる区分1です

お箸ですぐにわることができました

中からいろんなものがでてきました

見ているだけで楽しかったです

母親も普通に食べれていましたがやはり僕と同じく味がちょっこす濃いかなと

栄養表示成分

エネルギー 103キロカロリー

タンパク質 5.0g

脂質 7.5g

炭水化物 3.9g

食塩相当量 0.7g

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりもおちゃめおかんに介護食と嚥下食が作れないときはまだレトルトに頼って生き鱒

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!