高齢者(在宅介護)レクリエーションと工作で割り箸と紙を使って『じゃばらスイカ』に挑戦してみた

この記事は約2分で読めます。

おはようござい鱒(^_-)-☆

ちょっち

『hoiclueほいくる』さんのサイトで『じゃばらスイカ』の作り方が紹介されていましたので高齢者工作で割り箸を使用して作って遊ぶのに母親と一緒に挑戦してみました(^_-)-☆

きっかけ

家に割りばしがめちゃ余っていたので何か高齢者工作で使えないかと検索エンジンで検索をかけてみると『hoiclueほいくる』さんのサイトでじゃばらスイカの作り方が紹介されていましたので参考にさせていただきました☆

作り方

じゃばらdeすいか〜夏にぴったりの製作遊び〜 | 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]
“じゃばら折り”で楽しむ、おもしろすいか。 閉じたり開いたり、なんとうちわとして楽しむことも! 好きな色で作ったり、自由に模様を描いたり…アレンジもいろいろ。

材料

  • 割りばし 1本
  • ノート

道具

  • 色鉛筆
  • 鉛筆
  • のり
  • セロハンテープ
  • 定規

ノートのサイドを1センチから2センチぐらいで線を引いて緑に塗ってみました

真ん中に種の部分を黒で描いて赤で塗ってみました

長さが足りなかったのでもう一枚ノートに同じのを作ってテープでつなげて長くしてみました

1センチから2センチぐらいで谷折り山折りを繰り返してみました

半分に折ってみました

のりで貼り付けてみました

裏返してもう片方の内側に割りばしをセロハンテープでとめてみました

左側にも割りばしをセロハンテープで貼り付けてみました

遊び方

割りばしをくっつけるとスイカの絵が現れました

タイトルとURLをコピーしました