281キロカロリー63円の歯茎で食べれる料理レシピのサンミーパン粥を母親に作って一緒に食べてみました

介護食のレシピ

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

母親にサンミーパン粥を作って一緒に食べてみました

学生時代にめちゃ大好きだった神戸屋さんの『サンミー』の味をなんとかおちゃめおかんと共有し鯛と思いなんとか一緒に食べれるよい方法はないかと考えていました(笑

入れ歯で高齢になり噛む力と飲み込む力が弱ってきた今の母親では絶対に『サンミー』は硬すぎて食べることができないと思いパン粥にすれば食べれるんじゃないかと思いパン粥にしてみました(笑

またこれで話の話題が増えればよいなとも考えていました(笑

感想

僕の作戦は当たりました(笑

パン粥にすることによっておちゃめおかんでも食べることができました(笑

上のあみあみのチョコが良い感じで牛乳に溶け出して混じりあいチョコレート牛乳み鯛な感じになって美味しかったです

僕も久し鰤鰤に食べるので忘れていたのですが中にクリームが入っているのを食べてから思い出しました(笑

パン粥にすることによって普通にサンミーを食べるより中のクリームが温かくなりトロっとしてこれが美味しかったです

もはやデザートの域でした(笑

普通で食べていては気づかなかった新たな発見をして感動しました(笑

for example

ドラクエ2で言えばロンダルキアの洞窟のダンジョンで落とし穴に落ちてしまい迷っていると宝箱を発見して中に稲妻の剣が入っていたときぐらいの感動をしました(笑

またまたドラクエに例えてしまい申し訳(笑

パン粥にして食べようと思ったのもおちゃめおかんのおかげです(笑

また母親と新しい味を共有と思い出を作ることができて良かったです(笑

会話もいつもの介護食を食べているときの181321倍に増えました(笑

レシピ

1人分

  • 神戸屋サンミー 1個の半分
  • 牛乳 100ml
  • 粉チーズ 少々

カロリー

  • 神戸屋サンミー 1個の半分 247キロカロリー
  • 牛乳 100ml 34キロカロリー

合計 281キロカロリー

※粉チーズのカロリーは入れていません

材料費

  • 神戸屋サンミー 1個の半分 52.5円
  • 牛乳 100ml 10.5円

合計 63円

※粉チーズの材料費は入れていません

作り方

サンミーをスプーンですくいやすく食べやすいサイズにカットしてみました

鍋に牛乳(100ml)とサンミー(1個の半分)を入れてみました

焦げないように気をつけながら混ぜてみました

煮立ってきたら火を止めてみました

盛り付け

器に盛りつけて粉チーズをかけてみました

調理時間

5分間

気を付けたところ

サンミーをスプーンですくいやすく食べやすいようにカットしました

パンが焦げないように気を付けながら集中して混ぜました

食べるときにサンミーの中のクリームがトロトロのあっつあつになっているので母親の口の中が火傷しないように少し冷ましてみました

やわらかさ

母親と今まで食べてきた介護食のレトルトの区分で言うと区分1(容易に噛める)から区分2(歯ぐきでつぶせる)ぐらいのやわらかさになったと思い鱒

使用した食材

神戸屋サンミー

栄養成分表示(1個当たりのめやす)

エネルギー 494キロカロリー

たん白質 8.0g

脂質 27.4g

炭水化物 54.0g

ナトリウム 291㎎

食塩相当量 0.7g

値段

105円

トップバリューの低脂肪牛乳 1000ml

表示単位コップ1杯(200ml)当たり

エネルギー 68キロカロリー

たんぱく質 3.4g

脂質 1.2g

炭水化物

  • 糖質 11.0g
  • 食物繊維 0g

ナトリウム 164㎎

カルシウム 150㎎

食塩相当量 0.4g

値段

105円

雪印メグミルク芳醇北海道100粉チーズ 80g

栄養成分1食分(5g)当たり

エネルギー25キロカロリー

たんぱく質 1.9g

脂質 1.9g

炭水化物 0.2g

ナトリウム 100㎎

カルシウム 55㎎

食塩相当量 0.25g

値段

386円

 

学生時代に好きで食べていた神戸屋さんのサンミーの味をまた思い出すことができたのとパン粥の食べ方でおちゃめおかんと新しい食感と味を発見できたのが今回の僕への報酬となりました(笑

母親と同じものを一緒に食べて思い出を共有して話が盛り上がり笑顔にもなりお互いにいつもよりストレスが発散ができたと思い鱒(笑

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも母親と笑顔と楽しい思い出を共有して生き鱒

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!