高齢者(在宅介護)工作で割りばしの袋を使って簡単『ネクタイの箸置き』を母親と一緒に作ってみると手先をフル活動できました

高齢者工作

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

高齢者工作で母親と一緒に割りばしの袋を使って『ネクタイの箸置き』を一緒に作ってみました(^^♪

きっかけ

割りばしの袋を捨てるならなにか高齢者工作に使えないかと思い検索をかけてみるとユーチューブの『ハンバーグステーキおが屋』さんのチャンネルで作り方が紹介されていましたので参考にさせていただきました☆

手先のよい体操になった

割りばしの袋を折ったりねじったりして手先をフル活動するので高齢者工作にはよかったです(^^♪

まさかの割りばしの袋がネクタイになるなんて思ってもいなくて出来上がった瞬間に感動しました(笑顔

箸置きにしてもよいし折り紙として部屋に飾っていても良い感じです(^_-)-☆

作り方

材料

割りばしの袋

絵の方が裏になるように裏返してみました

先端の部分を軽く2つに折ってみました

線に沿って三角に折ってみました

反対側も三角に折ってみました

反対側の先端の先にも軽く半分に折り目を付けてみました

先端部分を半分に折ってみました

反対側も半分に折ってみました

広報に向かって少しずらしながら折ってみました

反対側も折ってみました

割りばしの袋が長かったので半分に折ってハサミでカットしました

半分に折ってネクタイをまく部分を細くしてみました

輪っかを作って巻いてみました

 

皆様も是非、高齢者レクでやってみてはいかがでしょうか( ^^) _U~~

高齢者(在宅介護)工作で割りばしの袋を使って簡単『鶴の箸置き』を母親と一緒に作ってみると手先のよい運動になりました
おはようスパンク(*'ω'*) ちょっち 高齢者工作で割りばしの袋を使って『鶴の箸置き』を母親と一緒に作ってみました(^_-)-☆ きっかけ 割りばしの袋を捨てるなら何か高齢者工作に使えないかと思い検索をかけてみると...