親父がせん妄状態になり1人で10年以上やってきた在宅介護に限界がきて逃げ出そうとした話です

認知症

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

今日は最期にせん妄状態になってそれから1か月ぐらいで亡くなってしまった親父のことや1人での在宅介護はとうとう限界になり逃げだそうとした思い出を記憶より記録に残しておき鱒

せん妄状態

親父が深夜徘徊を始めたり、家の自分の部屋の前にあるトイレの場所がちょいちょい分からなくなり家の外におしっこをしに行こうとしていたときに精神病院で診てもらっておけばと今でも後悔をしてい鱒

まだこの時は親父と言葉のキャッチボールができなくなっていくなんて思ってもいませんでした

好きだったお酒もたばこもやらなくなり見えない糸をずっと引っ張る動作を一日中ずっとするようになっていました

僕の問いかけにも返事もしなくなりそっぽを向いている感じです

僕以外の誰かと話している感じです

急に僕の知っている親父ではなくなっていきました

僕一人ではどうしてよいかわからず病院に駆け込みました

精神病院での診断の結果

nLajN

精神病院に親父を連れて行くとmriや血液と検尿、レントゲン等の検査をしました

診断結果は『長年のアルコールによる脳の萎縮が原因だ』とお医者さんから言われました

親父の脳みその写真を見せてもらったのですが脳みそがちっさくなっていました

お酒の過剰摂取がこんなことになるなんてびつ栗したのを今でも覚えてい鱒

肝臓だけでなく脳にも影響があることを改めて知りました

この時にはお医者さんから質問された簡単な足し算もできなくなっていました

図あてゲームみたいなのも診断でおこなったのですがこれもできませんでした

イライラを抑える薬とビタミンcを処方されたのを覚えてい鱒

精神病院に入院するのかまだ自宅で介護するのか

病室が満員で入院はできませんでした

『他の病院を紹介する』と言われました

そのときにふと『もう親父に入院してもらい僕は楽になってもよいのかな』と思いました

今改めて思うと結果論ですがこの1か月後には亡くなってしまうので家に一緒に帰ってきてよかったと思ってい鱒

在宅介護に限界はきた

御飯をまったく食べなくなったと思っ鱈、今度はめちゃご飯を食べてそのままおしめに漏らすということが繰り返されていました

御飯の用意も下の世話も体やお尻を拭くのも餅の論、僕一人でやっていました(笑顔

あれだけ好きだったタバコお酒もやらなくなりずっと起きていて謎の幻の糸をひっぱる行為をしていると思っ鱈1日中ずっと寝たりということが繰り返されていました

僕は親父を見守ることしかできなく親父が一番辛いと思うのですが僕も人生で初の限界にきていました

僕も精神的に参っていったのはあれだけ好きだったお酒を親父が飲まなくなり毎日続けてきた一緒に晩酌をしなくなりコミュニケーションもとれなくなっていったのが一番の原因だったなと思い鱒

今まで1人で10年以上親父を自宅介護してきた時間より最期の1か月が10年以上の苦しみがありました

あと1か月続けば僕も限界で逃げだしていました

共倒れは確実だったかと思い鱒

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりもおちゃめおかんと話ができなくなる前に後悔のないように毎日全力で会話を楽しんで生き鱒

ヘルパーさんも施設も訪問介護もデイサービスも利用せずに親父の在宅介護を1人で10年以上やってみたデメリットとメリットをまとめてみました
おはようスパンク(*'ω'*) ちょっち 今日は親父の在宅介護を1人で10年以上していて悪かった点と良かった点をまとめて記録に残しておき鱒(笑顔 なぜ一人で親父の在宅介護をすることになったのか アルコール依存症の親父を相手し...