参考になった認知症における漢方薬の役割をまとめてみました

認知症における漢方の役割とは

認知症における漢方の役割とは
認知症の症状には、誰にでも見られる「中核症状」のほかに、人によって現れ方の違うBPSD(行動・心理症状)があります。BPSDは、お金を取られたと思い込む「もの盗られ妄想」や、あちこち歩き回って帰れなくなる「徘徊」、排泄物をいじる「不潔行為」などさまざまです

年をとってからのイライラ!暴言・暴力、その原因と解決策を解説!

高齢者のイライラ、認知症による暴言には漢方が効く? | クラシエ
高齢者のイライラ、認知症による暴言はなぜ起こるのか、また、どのように対処したらよいのかを漢方の考え方から原因を解説。さらにその症状に効果の漢方薬をご紹介します。

認知症専門医が、漢方薬「抑肝散」を活用する5つの理由

認知症専門医が、漢方薬「抑肝散」を活用する5つの理由
気持ちの高ぶりを鎮め、精神科でよく処方される「抑肝散」について。実は認知症外来でも処方します。今回はその理由と効果について専門医の長谷川嘉哉が解説します。

認知症の種類と症状、原因、予防と治療法について

認知症の種類と症状、原因、予防と治療法について|【漢方誠芳園薬局】
遠くからわざわざ来られる、ちょっぴり有名な大阪府大阪市の漢方専門相談薬局。心と身体の健康元気を応援する漢方薬局です

認知症に抑肝散が効くって本当?

認知症に抑肝散が効くって本当? | 漢方専門 寿元堂薬局 | 岡山県倉敷市
「漢方Q&A」80歳になる母親の行動が怪しくなってきました。物忘れが激しく、さっき夕食を済ませたのに、またすぐ食べようとしたりします。テレビで「認知症には抑肝散(よくかんさん)」と言っていましたが、本当でしょうか。

BPSDに効く薬は?」 向精神薬、漢方薬などで効果

認知症Q&A 第9回 「BPSDに効く薬は?」 向精神薬、漢方薬などで効果 お答え 大場敏明さん(医師) – 全日本民医連

アルツハイマー型認知症のBPSD × 人参養栄湯

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=9727

治る認知症「慢性硬膜下血腫」の最新治療

治る認知症「慢性硬膜下血腫」の最新治療 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア
治る認知症「慢性硬膜下血腫」の最新治療のページです。健康な毎日を送るために。専門家によるコラムなど、さまざまな健康情報をご提供します。

認知症の症状を改善する漢方薬とは?

認知症の症状を改善する漢方薬とは? -漢方ナビ
認知症の症状を改善する漢方薬とは?