介護食・嚥下食を作るのが大変なときに(ハウス区分2レトルト)7種類を母親と一緒に食べていて勉強になったことです

介護食・嚥下食

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

今日は今も僕が母親の介護食と嚥下食を作れないときに頼っている歯ぐきでつぶせる柔らかさのレトルト(ハウス区分2)から介護食と嚥下食を実際に自分で作るときに『柔らかさや味や香りや具材の種類等』勉強になったことをまとめてみました(笑顔

カロリーの低い順からまとめていき鱒(笑顔

やわらかビーフの欧風カレー

カレーと言えば以前に明治さんの『ごろっと野菜のなすとトマトのカレー』を母親と食べました

欧風カレーは食べるのが初めてです

カレーの前に欧風とついているのでどんな味なのか食べる前から楽しみでした

感想

レトルトから出してみると甘い香りが部屋中に漂いました

食べてみると辛くもなく母親と僕には丁度よい感じのカレーでした

明治さんの『ごろっと野菜のなすとトマトのカレー』はもっとスパイシーで辛めな感じがしました

今度、食べるときは甘いカレーが食べ鯛ときはハウスさんの『やわらかビーフの欧風カレー』で少し辛めのカレーが食べ鯛、気分のときは明治さんの『茄子とトマトのカレー』を母親に選んでもらうと思いました

硬さ

区分2の歯ぐきでつぶせる

ハウスさんの区分2のレトルトを今まで食べてきた中でビーフとジャガイモは僕の母親にはほんの少しだけ硬いかなと思いました

野菜の中でも人参は柔らかかったです

栄養表示成分

エネルギー 100キロカロリー

たん白質 3.9g

脂質 5.2g

炭水化物 9.4g

ナトリウム 390㎎

食塩相当量 0.99g

やわらか肉の豚と大根のうま煮

大根が好きな母親には良いかと思い食べてもらうことにしてみました

パッケージからすごい和風な感じが伝わってきて食べる前からおいしそうだなと思いました

感想

母親と僕の食べた感想です

大根と野菜の中でも人参の甘みが目立っていました

明治さんのごろっと野菜シリーズのレトルトと同じぐらい野菜が美味しかったです

あんかけのとろみがすっと喉を通っていきました

硬さ

区分2の歯ぐきでつぶせる柔らかさなのですが大根と野菜が舌でつぶせるぐらい柔らかかったです

豚肉は普通のレトルトに比べると十分やわらかいのですが僕の母親には歯茎だけではちょっこすだけ硬いかなと思いました

入れ歯では容易に噛めていました

栄養表示成分

エネルギー 100キロカロリー

たん白質 2.6g

脂質 3.7g

炭水化物 14.1g

ナトリウム 350㎎

食塩相当量 0.89g

やわらかビーフのトマトハヤシ

母親と僕はカレーよりハヤシライスの方が好きです

やわらか食のレトルトでハヤシライスを食べるのは初めてだと思い食べてみることにしました

かなり昔の話なのですが友人とサッカーの練習の終りにココ壱番屋に行ったときに僕だけがカレーを頼まずにハヤシライスを頼むと、友人からカレーをなぜ食べないのかとつっこまれた記憶が蘇ってきました(笑

またまた話が脱線してしまい申し訳(笑

感想

母親と僕の感想です

甘くておいしかったです

欲を言えばもう少しビーフが欲しかったです(笑

あのハヤシライスの甘いやさしい感じが好きです

これはご飯がすすむなと

区分2(歯ぐきでつぶせる)

お肉がやわらかかったです

今まで食べてきた区分2のレトルトの中で今のところこのお肉が一番、やわらかかったと思い鱒

栄養表示成分

エネルギー 100キロカロリー

たん白質 3.6g

脂質 5.0g

炭水化物 10.2g

ナトリウム 350㎎

食塩相当量 0.89g

やわらかポークのクリームシチュー

今まで食べたやわらか食のレトルトでクリームシチューはキューピーさんの『鶏と野菜のシチュー』、明治さんの『チキンクリームシチュー』『コーンクリームシチュー』の3種類だったと思い鱒(笑

今回、ハウスさんのクリームシチューを食べるのは初めてです

今で食べてきたシチューは『コーン』『チキン』の食材で『ポーク』が具材なのも初めてです

ハウスさんのレトルトを今現時点で今回の分も含めると3種類目になるのですが『やわらか~』って料理名についているのが特徴なのかなと思ってきました

感想

母親と僕の感想なのですがまたまた食べているときに食パンにシチューをつけて食べたいと言ってしまいました(笑

シチュー系を食べた時は必ず食パンにつけて食べ鯛と思っていると思い鱒(笑

キューピーさんと明治さんのシチューと味を比較してみるとほとんど味はかわらないと思いました

具材とやわらかさの区分で食感が変わってくると思いました

シチュー系のレトルトを今度、購入するときはメーカーではなく母親が好きな具材と食べれる硬さの区分で選んでいこうと思いました

区分2(歯茎でつぶせる)

硬さは区分2(歯茎でつぶせる)ですがやはりポークがおちゃめおかんの歯茎では少しだけ硬いかなと思いました

入れ歯では普通に食べていました

その他の野菜は大丈夫でした

いつもやわらか食のレトルトの中身を写真で撮るときにあまり具材がはいってないように思うのですが器の底に沈んでい鱒(笑

今回は傾けて具材が見えるように写真を撮ってみました(笑

栄養表示成分

エネルギー 103キロカロリー

たん白質 4.4g

脂質 5.9g

炭水化物 8.1g

ナトリウム 380㎎

食塩相当量 0.97g

やわらかビーフのデミグラシチュー

以前にアサヒさんの『デミグラスハンバーグ』を食べましたが『デミグラシチュー』を食べるのは初めてです

デミグラスソースやハンバーグは聞いたことがあり食べたことがあったのですが『デミグラシチュー』を食べるのは今回が初だと思い鱒

感想

母親と僕の食べた感想です

甘さのなかに少し良い酸味があって美味しかったです

甘さと酸味で食欲がわきました

ドロドロ感も一番好きな感じでした

区分2(歯ぐきでつぶせる)

食材や調理方法や作り方などで違いがあると思い鱒がハウスさんの区分2の『やわらかビーフのトマトハヤシ』のビーフと比べてみると少しだけ硬い感じがしました

栄養表示成分

エネルギー 105キロカロリー

たん白質 3.8g

脂質 5.4g

炭水化物 10.3g

ナトリウム 350㎎

食塩相当量 0.89g

やわらか肉の牛すき煮

今までキューピーさんとアサヒさんと明治さんのレトルトを食べてきてハウスさんを食べるのは今回が初めてです

普通のカレーなどのレトルトはハウスさんにめちゃ昔からお世話になってい鱒が介護食のレトルトがあることを今回で初めて知りました

感想

母親と僕の感想です

全体がとろっとしていて美味しかったです

つるっと飲み込むことができました

お豆腐のプルンプルンしている感じが良かったです

やはり母親と僕には味が少し濃いかなと思いました

僕はあったか御飯の上にかけて食べたかったです(笑

区分2歯茎でつぶせる(柔らかさ)

歯茎でつぶせる区分2ということもあり豆腐と牛肉が細かくカットされているなと思いました

入れ歯が無でも歯茎だけでお豆腐は潰せると思いましたが牛肉はまだ少し硬いかなという感じがありました

入れ歯をした状態では普通に食べることができていました

栄養表示成分

エネルギー 106キロカロリー

たん白質 3.5g

脂質 3.6g

炭水化物 14.9g

ナトリウム 380㎎

食塩相当量 0.97g

やわらか肉の親子煮

キューピーさんとアサヒさんと明治さんとハウスさんのレトルトを母親と食べてきてどのメーカーにもキャッチコピーが一言あるんだなと思いました(笑

キューピーさんは『やさしい献立』、アサヒさんは『バランス献立』、明治さんは『ごろっと野菜』、ハウスさんは『やさしくラクケア』

ネーミングは誰が決めているのか気になってきました(笑

ぱっと見てインパクトがありわかりやすくて伝わってくる名前の付け方の大切さの勉強になりました

感想

母親と僕の食べた感想です

白ごはんの上にかけて食べると親子丼になるなと同じ答えがでました(笑

僕も食べた瞬間に思いましたし白ごはんが欲しくなりました(笑

たまごのふわとろ感で簡単に噛めて喉を通っていきました

区分2(歯茎で潰せる)

普通の食事に比べるとお肉はめちゃ柔らかいのですが僕の母親の歯茎ではまだ少し硬いかなと思いました

入れ歯では容易に食べることができていました

たまごは舌でも潰せる柔らかさでした

区分2の歯茎でも潰せるやわらかさでも食材によって硬さが違ってくるなと思いました

栄養表示成分

エネルギー 115キロカロリー

たん白質 5.3g

脂質 4.2g

炭水化物 14.0g

ナトリウム 390㎎

食塩相当量 0.99g

 

介護食・嚥下食の『区分2(歯ぐきでつぶせる)』柔らかさのレトルトを食べて区分1よりまだ柔らかくできるのかと勉強になりました(笑顔

今現在のおちゃめおかんには区分1から2が丁度良いなと思ってい鱒(笑顔

ここからまた歳をとって噛む力と飲み力がさらに弱ってくると思い鱒のでそのときは僕の料理もレトルトも区分3やミキサー食に臨機応変に対応していこうと今から考えてい鱒(笑顔

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも介護食も僕の人生も臨機応変に生き鱒

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!