介護食・嚥下食のレトルト(キューピー区分1)10種類を母親と一緒に食べ比べをして自分で作るときに勉強になったことです

介護食・嚥下食

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

今日は今まで母親と食べてきた介護食のレトルト(キューピー区分1)のカロリーの比較や感想や自分で実際に介護食を作るにあたって参考や勉強になったことをまとめていき鯛と思い鱒(笑顔

初めておちゃめおかんとやわらか食のレトルトを一緒に食べるまでは『区分』があることさえ知らなくてまったく無知だったなと今ブログを書いていて懐かしい思い出が読みがってきました(笑

食べる度にいろいろと新発見にびつ栗していました(笑

I don’t know why

親父の在宅介護のときで言ったら『介護オムツ』を初めて一人でドラッグストアに購入しに行ったときにいろんな種類があり、実際に親父に使用してもらったときに便利な機能があったのに感動した記憶も蘇ってきました(笑

またまた話が脱線して長くなってしまいそうですのでレトルトの話に戻り鱒(笑

カロリーの低い順から書いていき鱒(笑顔

海老だんごのかきたま

パッケージの写真がおいしそうです

介護食と言っ鱈、あまり見た目は美味しくなさそうなイメージがあったのですがそれが払拭されました

見栄えや香りより食べる柔らかさと栄養が重視されていると思っていました

感想

以前に食べた『鶏だんごの野菜煮込み』とぱっと見は似ているのかなと思いました

香りからして海老の香りがしていてだんごも海老の味がしてまったくの別ものでした(笑

味は鶏だんごの野菜煮込みよりあっさりしている感じでした

僕的には今のところではこれぐらいの味付けが好みです(笑

ってか

僕の為ではなくおちゃめおかんの口に合うのが一番の理想ですが(笑

最近、重い感じのものばかりを食べて飽きてきたときにスープ的な感じであっさりいき鯛ときに『海老だんごのかきたま』をチョイスしてもありだと思いました

『かきたま』って自分で一度も作った経験がないのですが今回の介護食レトルトを食べて気に入りました

今度は自分で作って母親に食べてもらおうと思い鱒

介護食ってまずいのかなという先入観があったのですが僕が食べても美味しいです

母親もおいしそうに食べていました

硬さ

海老だんごをお箸で割ってみた写真です

面積の小ささがあるのか少し割りにくい感じがしました

でも食べてみると食感もあり柔らかかったです

入れ歯のおちゃめおかんも普通に食べれていました

区分1

区分1の介護食のレトルトを食べていてやはり食材や大きさや形によって柔らかさは変わってくるなと思いました

栄養成分表示

エネルギー 41キロカロリー

タンパク質 2.5g

脂質 1.1g

糖質 5.0g

食物繊維 0.5g

ナトリウム 399㎎

カルシウム 124㎎

食塩相当量 1.0g

鶏だんごの野菜煮込み

パッケージの写真を見ているだけでお腹が空いてきました(笑

硬さと味

お箸ですぐに鶏だんごを割ることができました

初めて介護食のレトルトを食べてびつ栗したのがメーカーでの味の違いはあると思い鱒がキューピーさんのは味がしっかりしていました

病院食み鯛に薄味なのかと思っていたのですが逆で僕が食べてもご飯が進み鱒(笑

入れ歯のおちゃめおかんでも食べれていました

僕はちょっこりお年寄りには濃いかなと思っていました(笑

味の濃さは人それぞれだと思い鱒(笑

十人十色です(笑

お年寄りには十分な量だと思いました

お皿に盛りつけたときはちょっちすくないかなと思っていましたがいろんな具材が入っていました

区分1

初めて介護食のレトルトを購入して知りました

食材のやわらかさの区分があることに(笑

何も知らずに容易にかめると書いていたので買ってみると区分1と書かれていました(笑

すべての区分を食べてみて硬さも比較していき母親に今現在で一番あった硬さを見極めていこうと思いました

調理の仕方

お湯であっためる方法と電子レンジでチンをする方法があったのですが僕はお湯であっためてみました

栄養成分

エネルギー 43キロカロリー

タンパク質 3.0g

脂質 1.1g

糖質 4.9g

食物繊維 0.7g

ナトリウム 407㎎

カルシウム 134㎎

食塩相当量 1.0g

肉じゃが

いつものことながらパッケージの盛り付け例み鯛に綺麗に写真を撮ることはできませんでした(笑

何度も介護食レトルトの写真を撮影しているのですがなかなか上達しません(笑

写真をおちゃめおかんにまかせてみようかなと思いました(笑

感想

肉じゃがでした

パッケージの写真みたいに具材がごろごろとはいっている感じはしませんでしが肉じゃがを食べている気分になりました

入れ歯の母親も食べることができました

ジャガイモが一番目立っていた感じがあり鱒

お肉も入っていて肉じゃがでした

懐かしい感じの肉じゃがでした

母親が僕によく作ってくれた肉じゃがにはかなわないと思いました(笑

区分

区分1を母親と食べまくっているのですが最近になったもう一つ区分を上げてもよいのかなと思ってきました

僕に遠慮をして母親が硬いと言えないのかなと思ってきました

栄養成分表示

エネルギー 61キロカロリー

タンパク質 2.8g

脂質 1.3g

糖質 9.3g

食物繊維 0.6g

ナトリウム 323㎎

食塩相当量 0.8g

和風ハンバーグ

何度みてもパッケージの写真はおいしそうに見えます

迫力もあって量も多い感じがし鱒

見ているだけでお腹が空き鱒

パッケージの写真はどれだけ大事かと勉強なってい鱒

僕ももっと綺麗に撮れるように勉強をしていき鱒(笑

硬さ

鶏だんごのときよりはお箸で割りにくかったと思い鱒

鶏団子よりはハンバーグの方が面積が大きいからかと思ったりもしてい鱒(笑

普通のハンバーグよりは柔らかかったと思い鱒

ハンバーグにはあまり味がなかった感じがしました

食感は十分にありました

ソースにしっかりと味がついていました

鶏団子と同様なのですが僕には少し濃い感じがしました

御飯は進む感じはしました

同じ親子でDNA的なことなのかわかりませんが母親も味が濃いと言っていました(笑

僕で濃いので母親には僕より濃いと感じているのかなと思いました

1個しかハンバーグが入っていなかったのでもう1個はいってい鱈、嬉しいかなと思いました

食欲がないおちゃめおかんには丁度よかったです

区分

区分1がだいだいどんな柔らかさかわかってきました

栄養成分

エネルギー 65キロカロリー

タンパク質 3.6g

脂質 2.4g

糖質 6.6g

食物繊維 1.1g

ナトリウム 528㎎

カルシウム 157㎎

食塩相当量 1.3g

煮込みハンバーグ

以前に和風ハンバーグを食べましたのでもうハンバーグはよいかなと

but

母親は飽きるかなと思いましたがやはり僕が介護食の今後、自分で作るにあたって食感や味等を勉強しておき鯛と食べてみることになりました

硬さと味

以前に食べた和風ハンバーグとお箸で割ってみた感じなのですが同じくらいに感じました

母親も以前と同様に食べていました

味なのですが

和風ハンバーグのほうは照りがかっている感じでハンバーグ自体にはあまり味がない感じがしてソースにめちゃ味があった思い出があり鱒

煮込みハンバーグの方はハンバーグにも味があった記憶があり鱒

具材の方は和風ハンバーグの方が入っていた思い出があり鱒

食べてみると2つともハンバーグですがやはり味が違うかったので楽しむことができました

栄養成分表示

エネルギー 80キロカロリー

たんぱく質 3.7g

脂質 3.0g

糖質 8.9g

食物繊維 1.3g

ナトリウム 509㎎

カルシウム 152㎎

食塩相当量 1.3g

貝柱のマカロニグラタン

そもそもおちゃめおかんも僕も貝柱が入ったマカロニグラタンを食べるのは人生初かと思いました(笑

母親に限っては僕が子供のころからの記憶でマカロニグラタンを食べている姿さえ見たことがないなと(笑

感想

表面は焼目があって中はもっとどろっとしているのを想像してしまうのですが高齢者レトルトだと思い返すと納得がいきました

マカロニと貝柱の存在感はありました

硬さ

すべての写真に影がかぶっていて申し訳ございません(笑

区分1の容易に噛める硬さで僕の母親にはあっているなと思いました

もういっこ区分をあげてもよいかなと思ってい鱒

いろいろと区分のことや硬さのことが分かってきました

母親が今後もっと柔らかいものしか食べれなくなってくるのは予想でき鱒がそのときのおちゃめおかんの状態に合わせて一番よい食べやすい硬さの食べ物を食べてもらい鯛と思ってい鱒

具材

結構入っているなと思いました

高齢者レトルトにすると具材のボリュームがあったと思い鱒

栄養表示成分

エネルギー 97キロカロリー

タンパク質 2.3g

脂質 6.5g

糖質 6.9g

食物繊維 0.6g

ナトリウム 279㎎

カルシウム 170㎎

食塩相当量 0.7g

鶏と野菜のシチュー

シチューなんて母親も僕も食べるのが久し鰤だったと思い鱒(笑

あまり家で食べた記憶がないです

ちょうどよい機会だと思いました

感想

結の論から言い鱒

器に移した瞬間に小学校時代の給食のときに食べたシチューの懐かしい香りがしました

餅の論

味も小学校の給食時代のあの懐かしい味がしました

おちゃめおかんはシチューにパンをつけて食べるのが好きだとおっしゃいました

気持ちはめちゃわかり鱒

味はしっかりしていて美味しかったです

硬さや具材

ちょっち写真がぶれていて申し訳ないです(笑

撮影した瞬間に見直さない癖が裏目にでました(笑

具材をお箸で割れるか試してみた写真だと思うのですが

鶏肉が一番めだっていました

その他の具材は細かくカットされていたと思い鱒

介護食レトルトを食べているうちにわかってきました

遅い鴨しれませんが具材は食べやすいように細かくカットされていることに

今度、自分で作るときも母親が食べやすいように小さくカットしていこうと思い鱒

小さすぎても逆に食感が無くなってしまうのではないかと思い一番よいところを見極めていき鯛と

区分

区分1(容易にかめる)のシチューは飲みやすかったです

栄養成分表示

エネルギー 108キロカロリー

タンパク質 4.2g

脂質 7.3g

糖質 6.0g

食物繊維 0.7g

ナトリウム 430㎎

カルシウム 139㎎

食塩相当量 1.1g

おじや五目ひじき

介護食のレトルトでご飯系を食べるのは『おじや五目ひじき』が初めてだったと思い鱒

お米を炊くのも母親に合わせていつもより柔らかく炊いていた記憶が蘇ってきました

母親から一言、言われた言葉が今でも忘れません

入れ歯になった私に合わせて米を柔らかく炊いて僕にはあっていないだろうといつも気を使わせていたのを

本当のことを言うと柔らかすぎてびちゃびちゃな白ごはんは食べた感じがしなくてあまり好きじゃないのですがもう慣れました(笑

but

食べた後の胃の負担がかなり減って胃腸の調子が良くなったのはあり鱒

感想

レトルトから器に出した瞬間にめちゃどろっとしました

もっとさらっとしているのをイメージをしていました

結構、粘り気があるなと思ったのがファーストインプレッションでした

介護食レトルトなんでどろっとしていて当たり前だと思いました

お餅に近い感じがしました

美味しかったです

母親の入れ歯がもっちり感でもっていかれないかと心配しましたがいけていました

介護食のおじやはこんな感じなんだなとめちゃ勉強になりました

僕が次に実際に母親に0からおじやを作るときにはもう少し食べやすくできる自信があり鱒(笑

それはまたブログでいずれアップし鱒

またまた勉強になりました

よい部分だけを介護食レトルトから盗んでいき鱒

硬さと区分

ご飯系は母親には区分1で十分いけました

御飯が柔らかかったです

おじやなんで食べやすくて柔いのはあり鱒

腹持ち感がよいなと思いました

栄養表示成分

エネルギー 113キロカロリー

タンパク質 2.7g

脂質 1.8g

糖質 21.0g

食物繊維 1.0g

ナトリウム 549㎎

食塩相当量 1.4g

おじや鶏ごぼう

やはりレトルトからおじや系は出しにくいなと思いましたが慣れました

介護食なのでどろどろになって出にくくなっているのは仕方がないと思いました

食べてみた感想

おじやは本当にやわらかいです

しいたけとごぼうの硬さは母親は大丈夫かなと思いましたが大丈夫そうでした

ごぼうの風味がよかったです

柔らかさ硬さ

炊き込みご飯を柔らかくした感じで硬いものが食べれない母親にはちょうどよかったです

まだ噛める人にはべちゃべちゃしていると思う鴨しれませんが僕はお腹の調子が悪いときとか病み上がりには僕も食べてみようかと思い鱒

栄養表示成分

エネルギー 116キロカロリー

タンパク質 3.2g

脂質 2.7g

糖質 19.2g

食物繊維 1.1g

ナトリウム 550㎎

食塩相当量 1.4g

おじやかきたまごぼう

コシヒカリ使用の文字に気づきました

どのお米が使われているとかも気にもとめていなかったです(笑

感想

おじやなんでめちゃ食べやすかったです

ふわっとしてとろっとしていました

ゴボウの風味もありました

レトルトからおじやがでてくるときに僕の温めかたが悪いのかやはりちょっこす四角になってでてくるのがびつ栗し鱒

器からこぼしそうになるのですが僕が大きい器を用意し鱈よい話ですが(笑

大きすぎると器の重さがおちゃめおかんの負担にならないかとか考えてしまい鱒

介護食用の軽いお洒落な器が売ってい鱈、購入し鯛と思い鱒

かきたまとおじやのコラボは最高だと思いました

柔らかさ

おじやなんで容易に母親は食べれていました

おじやは区分1で母親にあってい鱒

区分2のおじやがどんな柔らかさなのか気になり鱒

おじやが今のところ一番母親にはあっているのかなと思いました

栄養表示成分

エネルギー 118キロカロリー

タンパク質 3.5g

脂質 2.4g

糖質 20.0g

食物繊維 1.0g

ナトリウム 650㎎

食塩相当量 1.7g

 

入れ歯で高齢になり噛む力と飲み込む力が弱ってきた母親になんとか美味しく栄養がありバランスが取れている食べ物を食べてもらい鯛と思い初めて一緒に食べたレトルトがキューピーさんだったのを今でも思い出し鱒(笑顔

まだこの時点では僕も介護食をほぼほぼ作ったことがなくレトルトに頼りっぱなしだった記憶も同時に蘇ってきました(笑

初めておちゃめおかんと一緒に食べたレトルトからめちゃ今後、自分で介護食を作っていくにあたって勉強と参考になったのは言うまでもありません(笑顔

同時におちゃめおかんが今現在の状態でどのくらいの区分’(硬さ)が一番あっているの鴨、確かめることができたのがよかったです(笑顔

今まではカロリーなんか気にしたことがなかったのですがどんな種類のメニューがエネルギーが低いとか高いとかもだんだんとわかってきて勉強になってい鱒(笑顔

まだまだ介護食を作るのに苦戦してい鱒が日々色んな介護食を食べて勉強して生き鱒(笑顔

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも介護食をおちゃめおかんと一緒に食べることによって笑顔にして生き鱒

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!