高齢者(在宅介護)工作で紙コップと輪ゴムとストローを使って簡単『コトコト人形』を母親と一緒に作ってみると楽しくなりました

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

高齢者工作で母親と『コトコト人形』を一緒に作ってみました(^^♪

きっかけ

家に紙コップと輪ゴムが余っていたので高齢者工作になにか使えないかとネットで検索をしていると『あんふぁんweb』さんのサイトで紙コップで簡単工作コトコト人形の作り方が紹介されていましたので参考にさせていただきました(^_-)-☆

笑顔が増えた

紙コップに穴を開けたり顔を描いたりストローを切ったりで手先をかなり使うので高齢者レクにはもってこいだと思いました(笑顔

出来上がってからも遊んでみるとカタカタと紙コップがおちゃめに踊り出してみているだけで笑顔が増えました(#^.^#)

作り方

材料

  • 紙コップ 1個
  • クリップ 1個
  • ストロー 1本
  • 輪ゴム 1個

道具

  • キリ
  • ハサミ
  • マジック
  • 色鉛筆

ストローを紙コップの底の直径から2センチぐらいはみだす感じの長さにカットしてみました

紙コップの飲み口の方も底と同じようにストローが2センチぐらいはみだす長さにカットしてみました

紙コップの底にキリで穴を開けてみました

ストローを1センチ以下に切ってみました

1センチ以下に切ったストローに輪ゴムを通してみました

1センチ以下に切ったストローに通した輪ゴムの端をキリで開けた紙コップの穴にとおしてストローで止めてみました

反対側もストローで止めてみました

ストローの端にクリップを止めてみました

上のストローを30回ぐらい回転させて手を離してみると紙コップがコトコト踊り出しました(笑顔

 

みなさまも高齢者工作でぜひ作ってみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

高齢者(在宅介護)工作でゼムクリップを使って簡単『ハート型クリップ』を母親と一緒に作ってみると夢中になりました
おはようスパンク(*'ω'*) ちょっち 高齢者工作で母親と余っているゼムクリップを使って『ハート型クリップ』を作ってみました(^^♪ きっかけ 使わなくなったゼムクリップがめちゃ余っていたのでいつものことながら母親...