筋力トレーニングをしていると腰痛などの怪我がなく親父の在宅介護で僕と親父の負担が減った話です

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

今日は1人だけでの親父の在宅介護で一番助かり僕と親父の負担が減ったと思っている介護筋と筋肉トレーニングについて記憶より記録に残しておき鱒(笑顔

在宅介護に筋肉トレーニングは必要だったのか

将来、親父の在宅介護をするときが来くると頭の片隅に少しはありましたので毎日、軽く腕立てと腹筋と背筋とスクワットはやっていました(笑顔

学生時代からサッカーとフットサルをやっているので最初からちょっこり筋肉がついていたのも助かりました(笑顔

僕の場合は親父の在宅介護をするにしたがって徐々に力が必要になっていきましたのですぐに今日いまから入浴介助をするとかではなかったので10年以上介護をしても僕の腰痛や足腰の故障などはなかったのでそれも不幸中の幸いだと思いました

入浴介助をするときには僕によい筋肉がついていたと思い鱒(笑

いきなり親父を入浴介助するとかになる状況ならもっと筋トレをしておけばよかったなとなっていたと思い鱒ので親の在宅介護だけではなく筋トレをしておけばいろんな場面で活躍することができるので無駄ではないと思いました(笑顔

今では在宅介護をするにあたって筋トレをしておいてよかったと思ってい鱒(笑顔

今現在は母親の時に介護筋が活かされているので筋トレをしていて一石四鳥ぐらいの価値があるなと思いました(笑

介護以外にも筋肉がつくと自分にも自信がついてきてい鱒(笑顔

力が必要だったところ

一瞬で力が必要だったのはやはり入浴介助で親父を持ち上げて浴槽に入れるのが瞬間の爆発力が必要でした(笑顔

継続的に必要だったのが車いすに乗る以外は親父の脇を抱えて大道りまでタクシーに乗るために歩いていくために力が必要でした

親父は足が悪かったので足にあまり力が入らないので僕の肩にダイレクトで全体重がかかってきていました(笑顔

あとは体を拭くときや服を着替えてもらときやおしめの交換時に体を起こしたり浮かせたりするのにパワーが必要でした(笑顔

気が付くと介護筋がついていました

10年以上も親父を在宅介護をしていると気が付かないうちに介護筋が付いていました(笑顔

意識して筋トレをするより在宅介護をしている時のほうが良い運動になり良い感じで負荷がかかりしなやかな筋肉が無意識のうちについてきていたと思い鱒(笑顔

C5LTU

今やっている筋トレより在宅介護時代に自然についた筋肉のほうがめちゃしなやかで俊敏で介護の場面にあわせて自由にサポートして動いてくれていた感じがあり鱒(笑顔

生きた筋肉と言いましょうか(笑

親父を持ち上げてみると

若いころから自分の親父をみてきているのですがやはり子供ころは親父と腕相撲をしても勝てなくて力が強いと思って尊敬していました

在宅介護でだんだん親父が弱っていくにつれて色んなところに変化がでてき鱒がやはりわかり安かったのは親父を持ち上げるとどんどん痩せて軽くなっていくことでした

これは何とも言えないのですが親父が一番つらくて情けないと思っていると思い鱒が僕も若いときの親父と比べてしまいいたたまれない気持ちになっていました

人間は老いてしまうのでしかたがないとはわかっているのですが

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも親父の在宅介護で鍛えた介護筋を今度はおちゃめおかんの為に役立てて生き鱒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
購読の解除も簡単にできます。
WordPress.com

5,418人の購読者に加わりましょう