介護パニック障害・介護自律神経失調症・介護うつ病で電車に乗れなくなり精神科医の協力とアドバイスで乗れるようになった話です

親の在宅介護

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

シングル在宅介護を10年以上やっていて睡眠不足とストレスが原因で発症してしまった『介護パニック障害・介護自律神経失調症・介護うつ病』で電車に乗れなくなりなんとかまたいつも通りに当たり前に乗れるようになり鯛と努力していたときの思い出を記憶より記録に残しておき鱒(笑顔

※2016年に精神科医の協力のもと向精神薬と抗うつ剤の断薬に成功して笑顔と努力で克服をして今現在に至り鱒(笑顔

いきなり電車に乗れなくなった

電車に乗っていると心臓がバクバクしてきて息苦しくなり手足、顔が痺れ、ふらつき、冷や汗をめちゃめちゃかいて倒れるんじゃないかという不安と死ぬんじゃないかという不安が襲ってきて慌てて次の駅で降りてから電車に乗る事ができなくなりました

自分が電車の中でうずくまってしまうと電車を遅らせることになり他の乗客のみなさんの迷惑になると考えれば考えるほど乗れなくなっていきました

電車の中の人混みや圧迫感が耐えれなくなっていました

精神科医に相談

『薬を服用しながら各駅停車から始めて1駅ずつ乗る時間と距離を増やして行こう』ということになりました

薬を飲んでいるときは発作は起こらないという安心感もあり各駅停車の電車から始めてある程度遠くまで乗っていることができました(笑顔

急行もいつの間にか乗れるようになっていました(笑顔

減薬から断薬時代での電車への挑戦

各駅停車の電車は普通に乗る事ができていて急行に挑戦してみると少し息苦しくなった記憶が蘇ってきました

もう電車の中で倒れてもよいし死ぬことはないと開き直って乗ってみる』と普通に乗れるようになっていて、一度普通に乗る事ができると自分に自信がついて当たり前に乗れるようになっていました(笑顔

また一つ自信がついた

介護パニック障害・介護自律神経失調症・介護うつ病は病気なのかわかりませんが病気になって当たり前のことができなくなった時にいつも普通に生きていけていることが一番幸せだと改めて実感しました(笑顔

病気になってできなくなったことを一つ一つクリアするごとに自信を取り戻していき気が付けば克服できていました(笑顔

お医者さんが『僕に一番効く薬は向精神薬でも抗うつ剤でもなく自分に自信を持つことだ』と言ってくれていた意味がやっとこさわかりました(笑顔

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりもおちゃめおかんと毎日元気に普通に過ごせることが一番幸せなことだと感謝して生き鱒

介護パニック障害・介護自律神経失調症・介護うつ病時代にお医者さんから処方されて飲んでいた向精神薬と抗うつ剤の効果と副作用と離脱症状の話です
おはようスパンク(*'ω'*) ちょっち 今日は1人だけで初めての親父の在宅介護を10年以上やってみて睡眠不足とストレスが原因で発症した介護パニック障害・介護自律神経失調症・介護うつ病時代にお医者さんから処方されて飲んでいた向精...
親の在宅介護
この記事が良ければシェア、ブックマーク、フォロー、いいねよろしくお願いし鱒(^_-)-☆
chibiikeをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
購読の解除も簡単にできます。

chibiike(ちびいけ)