幻覚と幻視がせん妄になった在宅介護中の親父にはあったのか?ぽんこつおやじの症状です

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

じゃこ天を食べました

Q1Qnq

じゃこ天をポンコツ親父と一緒に晩酌で酒の肴で食べていた写真がでてきましたのでアップさせていただき鱒

昔はまったく食べれなかったのですが食べれるようになったのは親父と毎日晩酌をするようになってからです(笑

僕のほうが一枚多く食べたらポンコツ親父が怒り出した記憶も蘇ってきました(笑

在宅介護中にもこんなささいなちょけあいができるのが楽しかったなと今でも思ってい鱒(笑

今日は親父がせん妄と診断されてどんな症状があったのかを改めて思い出して記憶があるうちにブログに記録として残していき鯛と思い鱒

せん妄と診断される

親父が深夜徘徊となんか訳の分からないことを言いだしました

おにころしをどんだけ飲んでもこんな状態は初めてみました

すぐ治ると思っていたのですがどんどん酷くなっていきました

会話もできなくなってきたので僕は限界だと思い精神病院に藁をもすがるつもりで駆け込みました

mriと血液検査や尿検査や肺のレントゲンやいろんな検査をしました

診断結果はmriをみせてもらうと脳みそが一回り委縮していました

長年の飲酒が原因だとお医者さんに言われました

先生の質問で名前はかろうじて答えれるのですが生年月日は答えれなかったと思い鱒

簡単な足し算の質問をされるとこれもできませんでした

処方された薬

ビタミンcとイライラを抑える薬を処方されたのを覚えてい鱒

1週間ぐらい親父に飲んでもらうと足し算ができるぐらいまでは回復してこのまません妄から脱出かなと嬉しい気持ちになっていました

but

すぐに元の状態にもどりそれから一度も回復することはなかったです

幻覚と幻視があったのか?

突然、目の前に何かがいるとずっと言っていました

そしてそれぞ1日24時間ずっと引っ張るどうさを続けていました

幻覚というのか幻視というのかわかりませんがなんか透明な糸みたいなのとずっと戦っているみ鯛でした

これは本人が一番つらいと思い鱒が見ているほうもどうしてよいのかわからず泣けてきました

好きだったお酒とたばこ

あれだけ好きだったお酒とたばこをやらない日が続きました

前立腺がんになってもどんだけしんどくても止めることがなかったお酒とたばこです

逆に飲んでいないときをみたことがなかったので不安になりました

せん妄になるとそれどころじゃなくなるんだと思いました

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりもアルコールを飲みすぎる怖さを受け止めて生き鱒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
購読の解除も簡単にできます。
WordPress.com

5,418人の購読者に加わりましょう