高齢者室内レクリエーションでダンボールの空き箱とアルミホイルの芯を使って『輪投げ』

この記事は約1分で読めます。

おはようござい鱒(#^.^#)

ちょっち

高齢者レクで母親と一緒に要らなくなったダンボールの箱とアルミホイルの芯を使って『輪投げ』に挑戦してみました(^_-)-☆

きっかけ

要らなくなったダンボールの箱と使い切ったアルミホイルの芯があったのでこれを使って『手作り輪投げ』で遊ぶと楽しく盛り上がれるのではないかと思い挑戦してみました(#^.^#)

作り方

材料

  • 段ボールの箱 1個
  • アルミホイルの芯 1本

道具

  • 鉛筆
  • セロハンテープ
  • 定規
  • ハサミ
  • カッター

段ボールの蓋の部分をハサミで切ってみました

定規で2センチごとに線を引いてみました

ハサミでカットしてみました

端と端をセロハンテープでくっつけてわっかにしてみました

段ボールにアルミホイルの芯を当てて鉛筆で円を描きました

カッターで穴を開けてみました

穴に芯を入れてみました

完成です

※ハサミとカッターを使うときには怪我をしないように注意してください

タイトルとURLをコピーしました