135キロカロリー22円の歯茎でも食べれる料理レシピのあんかけうどんを母親に作って一緒に食べてみた感想です

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

母親にあんかけうどんを作って一緒に食べてました

うどんも食べにくくなってきたと嘆いていた母親になんとか容易に食べてもらおうとうどんをスプーンですくえる長さにカットしてゆで時間を長くしてやわらかくして餡かけにすることによってとろみをだして飲み込みやすくすると食べやすくなるんじゃないかと作ってみることにしました

おちゃめおかんが好きなとろみ感にするのに水溶き片栗粉の調整にちょっこす試行錯誤しました(笑

餡かけって簡単にできると思っていたのですがなかなか苦戦しました(笑

また勉強になりました(笑

感想

うどんをスプーンで容易にすくえる長さにカットしたのとゆで時間を長めにしてやわらかくしたのと餡かけによるとろみで飲み込みやすくした作戦が成功しました(笑

入れ歯で高齢になり噛む力が無くなってきて飲み込みにくくなってきた母親でも食べることができていました

何か具材をいれればよかったなと思ったのですがうどんとあんかけだけも楽しめました(笑

うどんをあんかけにすることによって冷めにくくなり体が温まりました

餡かけにすることによっておちゃめおかんと一緒に食べていて会話もいつも以上に穏やかになり温まりました(笑

餡かけは会話にもとろみをだしてくれるのかと(笑

レシピ

1人分

  • ゆで細うどん 半玉(90g)
  • 水 100ml
  • めんつゆ 10ml

水溶き片栗粉

  • 片栗粉 10g
  • 水 10ml

作り方

うどん半玉をスプーンですくいやすい長さに短くカットしてみました

今思うともう少し短くカットしてもいけたなと思ってい鱒(笑

鍋に水(100ml)とめんつゆ(10ml)と短くカットしたうどんをいれてみました

水溶き片栗粉

あらかじめ別の器で水(10ml)と片栗粉(10g)を混ぜて餡かけ用の水溶き片栗粉を作っておきました

鍋が煮立ってきたら水溶き片栗粉を流し込んでかき混ぜてみました

とろみがつくと火をとめてみました

盛り付け

器に盛りつけてみました

調理時間

5分間

気を付けたところ

母親が食べやすいようにうどんをスプーンですくいやすい長さにカットするのに少しだけ手間がかかりました

水溶き片栗粉でとろみをだすときにめちゃ慎重になりました(笑

やわらかさ

うどんを長く茹でることによって今まで母親と食べてきた介護食のレトルトで言うと区分2(歯ぐきでもつぶせる)やわらかさぐらいになっていたと思い鱒

短くうどんをカットすることと餡かけにすることによって食べやすいと母親が言っていました

カロリー

  • ゆで細うどん 90g 94.5キロカロリー
  • めんつゆ 10ml 7.4キロカロリー
  • 片栗粉 10g 33キロカロリー

合計 134.9キロカロリー

材料費

  • ゆで細うどん 90g 14.5円
  • 片栗粉 10g 3.92円
  • めんつゆ 10ml 3.18円

合計 21.6円

使用した食材

ゆで細うどん 180g

値段

29円

トップバリュー 片栗粉 250g

表示単位100g当たり

エネルギー 330キロカロリー

たんぱく質 0g

脂質0g

炭水化物

  • 糖質 82.4g
  • 食物繊維 0g

ナトリウム 46㎎

食塩相当量 0.1g

値段

98円

トップバリュー 2倍濃縮つゆ 500ml

100ml当たり

エネルギー 74キロカロリー

たんぱく質 2.3g

脂質 0g

炭水化物 16.3g

ナトリウム 2.8g

食塩相当量 7.0g

値段

159円

母親が好きなとろみにするのに試行錯誤しましたが一度成功すると次からは簡単にあっという間に作ることができるようになっていました(笑

とろみがかかっているほうが飲み込みやすいので今後、いろんな餡かけの料理を介護食にアレンジしておちゃめおかんに食べてもらおうと思いました

今までおちゃめおかんと食べてきた介護食のレトルトでも餡かけ系が多い理由がわかった気がし鱒(笑

今回はうどんだけで具材がなかったので流石に寂しいと思いました(笑

but

餡かけのとろみの勉強になったのでよかったと思ってい鱒(笑

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも願掛けより餡かけで生き鱒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
購読の解除も簡単にできます。
WordPress.com

5,418人の購読者に加わりましょう