生活介護を行っている社会福祉法人施設に集まった空き缶を母親と一緒に持って行くと職員さんに笑顔で感謝された話です

親の在宅介護

おはようスパンク(*’ω’*)

ちょっち

今日は生活介護を行っている社会福祉法人施設に母親と集まった空き缶を持って行った時に施設の方にめちゃ感謝された話を記憶より記録に残しておき鱒(笑顔

施設に空き缶を持って行くようになったきっかけ

おちゃめおかんが元気なときに近所からもらった空き缶を施設に持って行っていることは前々から知っていました

why

持って行っているのか理由がわかりませんでした

するとポストにその施設のチラシが毎月入っていて『今月は何円になりました』『ご協力ありがとうございました』と書かれていてピンときました(笑顔

あっ

maybe

空き缶を交換した代金で運営費や備品や設備にあてているんだなと(笑顔

おちゃめおかんが入院をして手術をしてから集まった空き缶が重たくて持てなくなったので僕が代わりに運ぶことになり、おちゃめおかんに道を教えてもらい一緒に施設に行くことになった次第であります(笑顔

おちゃめおかんの歩くリハビリにもなるので一石二鳥かと思い(笑顔

またまた一石二鳥の使い方があっているのか心配ですが(笑

袋一杯になった空き缶を持ってみて

空き缶なんか軽いと思っていたのですが2袋を持ってみると結構、重鯛んだなということに気づきました(笑顔

塵と積もれば山となるってやつですね(笑顔

またまた塵と積もれば山となるの使い方があっているのか心配ですが(笑

僕には丁度良い筋トレになって良いなと思いました(笑顔

良いことをするとストレス発散になった

空き缶を施設に渡しに行って職員の方にめちゃ感謝と笑顔をみて逆に僕が癒されました(笑顔

なんだかよいことをしたなと清々しい気持ちになり思わず笑顔になってしまいストレスが発散されている気持ちになりました(笑顔

あっ

空き缶にお酒の缶が混ざっているのですがこれは僕が飲んだのではないです

近所の人から空き缶をもらったのです

僕は3か月か6か月に付き合いで1回飲むか飲まないかの生活を送れるようになりました(笑顔

あれだけ親父の在宅介護では毎日飲んでいたのですが(笑

病院の問診票でもお酒とたばこの欄にはチェックを入れなくてよくなりました(笑

またお時間があれば違う記事でお酒を毎日飲まなくてよくなった話を書き鯛と思い鱒(笑顔

月一の施設からのチラシが楽しみ

『月いくらになりました』という施設からのチラシが楽しみになってい鱒(笑顔

色んな催しやどんな事業を行っている等、クリアにわかるのでよいなと思いました(笑顔

お恥ずかしながら詳しくはこんな施設があることさえ知りませんでした

名前だけは聞いたことがあり軽くどんなことを行っているのかうわべだけ知っている感じでした

またまたおちゃめおかんのおかげで勉強になりました(笑顔

 

僕もおちゃめおかんもまだ元気なうちにできる範囲内でボランティアをしていこうと思い鱒

(笑顔

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも困ったときは僕もおちゃめおかんもお互い様で生き鱒

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchibiikeをフォローしよう!